FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】ニンゲン

【じわ怖】ニンゲン

スポンサーリンク



海の話です。

みなさんは『ニンゲン』という生き物を知っていますか?

南氷洋に分布するヒトガタの生物だそうです。

似たような話は『今昔物語』にもあって、
『巻第三十一本朝付雑事「第十七」漂着した巨人の死体について』に、
砂浜に女性の巨大な死体が打ち上げられたという話が載っています。

これらの話を彷彿とさせる話です。

漁村では地引網も行っていました。

この漁村で行っていたのは、
網の片方を固定してもう一方を人力で引いていく、
というものでした。

網をうちおわった夜に、
砂浜で焚き火をしていると、
沖合から人間の声のような

「おーい、おーい」

という音が聞こえてきたそうです。

海岸からは沖合はみえませんから、
船がやってくるのかな?と思い、
燃える薪を掲げて合図をしていたようですが、
いっこうに船は来ない。

沖合に灯りは見えない。

そうしているうちに声はやみました。

次の日、村の皆で網を引いていると、
とても大きな力で網が沖合にむかって引っ張られたそうです。

かなり強い力で、
鯨でもかかったのか?とみんな喜んだそうですが、
その力は人を引きずるくらいで、
網がやぶれたらどうしようか?と心配になりました。

一進一退の攻防が続いたのですが、
突然、海岸近くの沖合でざっぱーんと、
大きな人間の腕が海面から飛び出てきたそうです。

その青白い手が陽光に輝いていたと。

距離からすると、
その腕は肘から先が2丈ほどもあったように見えたと。

網を引くので皆は必死でしたから、
その後すぐに海面下に消えたその腕を目撃した人は多くはなかったのですが、
老若男女の目撃者たちは、
みな一様に「人の腕だった」と意見が一致していました。

その後、今度はどっばーーんと水柱が立って、
網を引く力はなくなったようです。

網を引き上げてみると魚はほとんどはいっておらず、
網にくらげのようなねばねばしたものがあちこちに引っかかっていました。

無臭でしたが、
海に捨てたり浜に捨て置いたそうです。

天日で乾燥したそれは、
硬いせんべいのようになって、
長く浜に残っていたそうです。

その日から一週間ほどは、
魚があまりとれなかったようです。

また、いわゆる『リュウグウノツカイ』のような
深海魚があがったそうです。

深海魚はたまに上がることがあったそうですが、
かなり大きな魚だったので珍しかったとのこと。

「どうみても、あれは人の腕じゃったがのう・・」

と、老人が私の祖父が
子供の頃に話してくれたそうです。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3021-7c90c924