【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】帝国による軍事教練所

【じわ怖】帝国による軍事教練所

スポンサーリンク



バルチック爺さんが日露戦争中に見聞した話です。

彼はその後、
関西の都市部で衛星看護兵の訓練に携わりました。

そこで知り合った医務教官から聞いた話だということです。

その教官は、佐世保の収容所で、
バルチック艦隊の生き残りの兵士の管理とケアを行っていたそうです。

島根県に漂着したロシア人乗組員(捕虜)のなかでインテリの士官がいて、
そのロシア人はフランス語をよくしゃべり、
ドイツ語もしゃべることができたそうです。

その兵士は教官に以下の話をしました。

そのロシア人士官の出身地は、
ロシアのウラル地方エカチェリンブルグでした。

その当時、近郊の村(から離れた森のなか)に
帝国による軍事教練所(と地元の人間は理解していた)があり、
そこに地元の人間ではない『子供たち』が多く集められていたそうです。

不定期に人員は補充されてきて、
その教練所の規模は少しづつ大きくなりました。

地元の人間は教練所に近づいたり、
そこの人間と接触することはかたく禁じられていました。

その訓練は厳しいらしく、
たまにそこから少年が逃げ出して
近くの村に出没することがあったそうです。

しかし、周辺の村ではその逃亡兵(と言うべきか?)を歓迎せず、
時には秘密裏に殺害したこともあったそうです。

なぜか?

「あの教練所の連中は、人を食っている」

という噂がたっていました。

文字通り『人肉を喰らう食人』という意味です。

「あそこにいる連中は子供だが、
人の肉を喰らうヴィーだ。
脱走した子供に、村人が殺された(喰われた)」

そのような噂は表立って話すことは禁じられていて、
憲兵による流言者の逮捕もあったそうです。

これではなにかと不都合が多いので、
地元の役人にどういうことかを村の有力者などが尋ねることもあったそうですが、

「あそこでは、帝国兵士の育成をしていて・・」

というような曖昧な返答しかなかったとか。

役人も知らなかったのでは?と。

「あそこは、
帝国学士院(科学アカデミーと思われますが)も関与していて、
我々にはどうにも・・・」

というくらいが聞き出せた詳しい話でした。

村人が命令されて、
生きた牛や馬、羊などを食料として納める時も、
ベトンで作られた高い壁に囲まれたその敷地には入れなかったそうです。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3020-7adcebca