FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】魚の影

【じわ怖】魚の影

スポンサーリンク



リクエスト釣り」の島での体験。

その日師匠(祖母の弟)は用事があって忙しく、
オレは昼飯を食ってから1人で釣りをしていた。

もちろん1人だから危ない所には行かない。

漁港のスロープ近くの釣り場。

すっきり晴れてベタ凪、
浅場で泳ぐ小魚達の影が海底にくっきりと見えるような、
夏休みの午後の釣りだ。

「お~、○○、今日は1人か?」

「うん、今日は師匠は忙しいって」

「そうか~暑いから気を付けろよ」

顔なじみのオジさん達が声を掛けてくれる。

「頑張るよ~」

と返事をしたものの、
ちょっと諦めモード。

潮も悪いし、
ベタ凪過ぎて釣れる気がしない。

『あと1回仕掛け入れて駄目だったら帰ろう』

と、いったん仕掛けを上げてエサを取り替えた。

ふやけたエサを針から外してスロープに投げる。

すぐにコトヒキやヒラアジの幼魚が寄ってきて小競り合い。

『こいつら釣った方が面白いんじゃ?』

と思いながら見ていた。

しばらくボーッとしていたら、
30cmくらいのカマスかボラみたいな
細長い魚の影が幾つか動いている。

ふと

『マジでこっち釣るか?』

と思って見たら、
妙な事に気付いた。

海底に魚の影は見えるが、
魚の本体がどこにも見えないんだよ。

3~4尾の魚の影だけが、
海底にユラユラと動いている。

オレは何となく見ちゃいけないものを見ている気がして
気味が悪くなり、そこで釣りを切り上げた。

祖母の実家に帰ったら、
師匠が遅い昼飯を食っていた。

ニヤニヤしながら

「○○、釣れなかったのか?」

と聞くので、
オレがさっき見た事を話したら、
急に真面目な顔になって

「・・・影ボラか、○○、こっちに来い」

と言って、
仏壇の前に座らされてお祓い(?)された。

その間ずっと師匠は何かブツブツ言っていたが、
内容は聞き取れなかった。

お祓いが終わり、

「もう釣りしたら駄目なの?」

と聞いたら、

「大丈夫さ、
でも今日みたいに影ボラ見た時は釣りは止めろ。
もし間違って影ボラを釣ってしまったら、
海に引き込まれるからな」

師匠はそう言ってニコニコ笑うと、
オレの頭を撫でてくれた。

それ以来、
一度も影ボラを見たことはない。

まあ、都会の濁った海じゃ、
もし影ボラが出ても見えないかもしれないけどね。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3014-903727a6