【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】ヒグマとキツネ

【じわ怖】ヒグマとキツネ

スポンサーリンク



おれはいま北海道に住んでいます。

知り合いに趣味で狩りをしている方がいまして、
その方から聞いた山での不思議なお話を書きます。

彼は趣味といえど狩歴20年のベテランで、
主に道東(北海道の東のほう)をホームグランドに鹿狩りを行っており、
狩猟期間が解禁になると、
毎週のように山に分け入る生活をしています。

ある秋に体験したお話になります。

早朝から山に入り、
慣れた森林に踏み入りました。

散弾銃と鉈と少しの食料と、
秋といえど北海道は寒いので防寒対策は怠らず、
2日前より風呂に入らない
(これは、げんかつぎと、
石鹸臭さで野生動物に臭いで感づかれないためらしい)。

足跡などの痕跡を見逃さぬよう、
そしてなるべく音をたてないよう、
慎重かつ大胆に。

一時間に2km歩く速度で移動します。

痕跡はみつかるが古いものばかりで、
そうこうするうちに、
昼近くになるころ、
足跡とは違う痕跡を見つけました。

獣臭がする。

間違いなくヒグマの臭いです。

やばい。

彼に言わせれば、
ヒグマは特に珍しいものではないのですが、
秋口と春先のヒグマは冬眠前後で、
凶暴になる可能性が高いので困るらしい。

ほどなくして、
獣臭の元を見つけました。

木の袂に土を掘った形跡があり、
キツネが中途半端に埋められていました。

木には、
爪を研いだ跡とヒグマの体毛と糞尿らしき形跡。

マーキングです。

これは警告です。

ここは俺様のもので、
近づくことまかりならん、
ということだそうです。

そして、
まずいという理由がもうひとつありました。

彼はヒグマに対抗する手段をもっていません。

散弾銃は持っているが弾は四発だけです。

重くなるのを嫌い最小限の装備で、
さらに鹿用の散弾しか所持してません。

ヒグマのぶ厚い皮膚と筋肉を貫通し、
致命傷を負わせるには心もとない。

彼はあきらめて帰ることにしました。

ほどなく、
帰り道で正午をむかえました。

昼食のため彼は適当な場所を探すと、
座れそうな倒木をみつけました。

ここで座って食事となりました。

リュックからパンと麦茶を取り出します。

もぐもぐごくりとやっていたところ、
突然あしもとに気配を感じました。

みると子ギツネが二匹、
靴にじゃれついていました。

どうやら倒木の根元に巣穴があるらしく、
そこから出てきたようだ。

まだ産まれてまもないのだろうか、
ころころのもはもはである。

パンをひとつまみして子ギツネにあたえてみると、
ひと嗅ぎしてむさぼる。

サバ缶も開けてあたえてみると、
なかなかの食いつきであった。

そのとき、横目に映った。

しまった油断しすぎた。

約5m先のやぶからヒグマが現れた。

風下から接近されたので、
臭いで気づくことができなかった。

しかも成獣だ。

銃は手元にはない。

一足等の距離にあるが動けない。

いや、動いてはいけないのである。

急激な動作はヒグマを刺激する。

この距離で飛びかかってきたら、
銃を手にした時にはズタズタにされる。

それ以前に弾がこめられていない。

左胸ポケットに四発おさまっている。

まず目が離せない。

ヒグマもこちらに目を合わせいる。

子ギツネがキューと鳴く。

まずい(冷や汗)

そのとき、
いきなり背後に気配を感じた。

なんだこの気配は?

今まで感じたことのない寒気がはしる。

背後を見たい衝動にかられたとき、

「動かないで」

女性の声がした。

心臓が口から飛び出すかと思うぐらい驚いた。

そのとき、
ヒグマが立ち上がった。

体長2.5mはあろうか。

威嚇している。

鼻からブフーッと息をもらし、
興奮しているようだ。

背後の気配がいきりたつ。

周囲の気温がいっきに下がったように感じた。

ヒグマが四つ足をつき目を離した。

おびえている。

子ギツネがキューと鳴いた。

ヒグマは回れ右で、
再びやぶの中に消えていった。

しかし、彼はまだ動けない。

背後の気配がまだ消えない。

「たのみます」

また女性の声がした。

同時に気配も消えました。

子ギツネが靴ひもにじゃれついている。

彼はその場にへたりこみました。

彼は混乱する頭をかかえ、
そして空気的に二匹の子ギツネをかかえて下山。

帰りのクルマの中で、
子ギツネが癒やします。

二匹を養うことに決めました。

そうしなければならないと感じたそうです。

そんな彼ですが、
定職はありません。

この事件のあと、
パチプロとして生計をたてています。
(現在も)

不思議とギャンブル運に恵まれるようになり、
バカ勝ちしないが、
1日の儲けは地味ながら五千円~一万円で、
その事件以降は、
パチンコで負けたことはないそうです。

おれも二匹のキツネには合わせてもらいました。

同居して五年くらいになるそうです。

キツネなのにかなりデブちんで、
人なつっこいやつらでした。

追伸

すこし説明不足でした。

おそらく埋められていたキツネは、
親ギツネだったのでしょう。

彼は幽霊とか信じるタイプではありません。

でもキツネは可愛がります。

溺愛してますよ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3000-e9d483ac