【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】貨物船の操舵手をしていたオヤジ

【じわ怖】貨物船の操舵手をしていたオヤジ

スポンサーリンク



うちのオヤジは昔、
貨物船の操舵手をしてました。

オヤジが乗っていた時、
オヤジのボンク(寝室らしい)の上の人が、
身体中カミソリで斬りつけて自殺をしたそうだ。

死んだその人を抱き上げたらすごく軽かったって。

「血液って結構重いんだなあ」

と言ってたよ。

その人すげー几帳面な人で、
絶対当直に遅刻しなかったんだって。

だから死んでからも、
時間になるとコツコツ歩く音がしていて、
すごく悲しくて辛かったとオヤジが言ってた。

奥さんが不倫したのが自殺の原因らしいんだけど、
船員も大変だね。

あ、あと、水葬する時って、
いっぱい足の方に重りを入れるんだって。

だから、

「棺桶は海底に突き刺さってるだろう」

なんてことも言ってたな。

たいていの場合は、
船で冷凍して持って帰るらしいんだけど、
行きの船で太平洋のどまんなかとかで死なれると、
昔なので仕方なく水葬にしたんだって。

だから、

「行きで死ぬなよ。カラダが国に帰れないぞ」

って、よくおどされたそうだ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2976-0c0c1a27