【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】父親は昔、妖しい坊主と組んでカルトをやってた

【じわ怖】父親は昔、妖しい坊主と組んでカルトをやってた

スポンサーリンク



離婚したうちの父親は昔、
妖しい坊主と組んでカルトをやってた。

うちの姉は子供の頃から勘が鋭く、
それに狙いを付けた坊主と父親が
教祖に祭り上げようと画策していた。

幼女がズバズバ言い当てる真実に
信者はほとんど洗脳状態。

金庫には札束がぎっしり、
坊主と父親、仲間たちは毎晩豪遊。

姉は勘が鋭い割にはボーッとしている子で、
自分が利用されている事も気づいていないくらい。

言う事を聞かなきゃ殴られるし。

母はオカルトが大の苦手。

妖しい宗教で金儲けするのも嫌だし、
何より娘が巻き込まれているのが
凄く不安で仕方がなかった。

母は何とかしたくて、
人伝に妖しい坊主が昔修行したお寺に行き、
そこの住職に相談した。

住職は昔から地元住民の相談を受けている
善良な人だと聞いたからだ。

住職は母の話を親身になって聞いていたが、
妖しい坊主のやってる事を聞き
鬼の形相になったそうだ。

そして、

「心配いらない。
娘さんは大丈夫。
旦那とは別れる事になるがね」

と言った。

それから数週間後、
妖しい坊主は突然の発作でこの世を去った。

心臓の血管が破裂したらしい。

そして姉は体調を崩して入院。

宗教の知識などない父親と手下達だけでは
信者を留めておけずカルトは解体。

一気に仲間割れ。

一人が金を持ち逃げし、
金のない父親やその手下達は夜逃げした。

姉は入院中、
朦朧とした意識の中で住職にお会いしたそうだ。

住職は

「辛かったな。
◯◯(坊主の名前)はわしが連れていく」

と言われたんだとか。

その後、住職は亡くなられ、
縁者がお寺を継いだと風の噂で聞き、
母と姉はお礼を兼ねてお寺へお参りに行ったそうだ。

現在姉は普通に働きながら、
つぐないを兼ねて無料でいろんな人からの相談を受けている。

何かの因縁なのか、
家族がカルトにハマり困ってる人からの相談も多いそうだ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2958-d97bff25