【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】車が対抗車線をはみ出し突っ込んできた

【じわ怖】車が対抗車線をはみ出し突っ込んできた

スポンサーリンク



自分も叔母の体験を書いてみる。

叔母が旦那の運転で子供二人と実家に帰る最中、
免許取り立ての若者の車が
対抗車線をはみ出し突っ込んできた。

真冬の北海道。

天気は最悪、
しかも猛スピードでトラックが前方を走っていた為、
舞い上がる雪煙で何も見えず。

相手の車に気がついたのは衝突の直前。

事故の瞬間、
叔母は小さな娘を必死で抱き抱え、
亡き母に救いを求めた。

叔母の脳裏を優しい母親の顔が過る。

気が付くと車はグシャグシャ。

木っ端微塵。

フロントガラスに突っ込んだ旦那は顔面骨折。

助手席の長男は左腕骨折。

叔母と末娘はかすり傷一つなかった。

しかし、
叔母の周囲にはガラスや金属が散乱、
叔母が着ていたジャケットの内側は何故か血だらけだった。

救急隊員が、
叔母のジャケットを見て
重傷者と勘違いしたくらい。

ぶつかられた叔母の家族が
誰も亡くなっていないのが不思議な程の大事故で、
皆奇跡だと感心した。

私にとってはお祖母さんなんだけど、
仏壇の写真の笑顔が仏様のような優しい表情で、
娘と孫を守ったんだろうなと確信している。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2952-d50d42d8