【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】学生時代、彼氏を事故で亡くした

【じわ怖】学生時代、彼氏を事故で亡くした

スポンサーリンク



学生時代、
彼氏を事故で亡くした。

引きずりまくって、

「もう新しい彼氏も結婚もいらない」

とすさみ、
誘いも蹴り、告白も断り、
おひとりさまの老後を設計していたのだけど、
ある日いきなりご縁が降ってわいた。

今までそんな気になれなかったのに、
ふと付き合ってみる気になって、
(これがそもそも不思議。
色々と大変な時期でそれどころじゃなかったのに)
付き合い始めてみると、
あれよあれよと結婚まで進んでいった。

そして結婚式当日。

天気予報は雨だったのに
なぜか見事に晴れ。

式はつつがなく進み、
招待客のお見送りの時間になった。

先頭に立ってきたのは
10年来の親友(※女性)。

今日はありがとう、
と声をかけようとしたんだけど、
その前に

「おめでとう、幸せに」

と私→主人と握手。

一礼して退場。

…仕草といい、言い方といい、
まぎれもなく前彼のものだった。

一瞬!?となったけど、
ああ前彼だな、来てくれたんだ…
と何となく納得してしまった。

二次会の時、
親友にそれとなく式の間のことを聞いてみると、
なぜか彼女、平謝り。

「乾杯のシャンパンしか口にしてないのに、
緊張してたからか酔ったみたい。
式がおひらきになる前後くらいから記憶がない。
気がついたら近所のカフェに座っていた。
泥酔して迷惑かけたよね」

とのこと。

いえ、あなた普通に素面だったし、
普段うわばみですよね・・・。

近くにいた友人2いわく、

「酔ってた様子には見えなかった、
そういう酔い方もあるんだね。
気分も悪くなさそう、
っていうか『ああいい気分だ!』って言ってたよ」

と。

もちろん親友はその記憶もなし。

ちなみに、
式から二次会までそんな時間も空いてないのに、
泥酔したはずの親友に酒が残っている気配は一切なし・・・。

ああ、前彼が祝福に来てくれたんだな、
心配かけていたのね・・・としんみりしてしまった。

そのうち子どもでもできたら、
墓前に参って、

「ありがとう幸せだよ。
でも親友には謝っておこうね」

と言っておこうかなと思っています。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2943-8abfc722