【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】木造の借家

【じわ怖】木造の借家

スポンサーリンク



今から14年前に家を建て替えようって話になって、
一時引っ越すことになりました。

その時に借りた家で体験したお話です。

場所は愛知県の岡崎市で、
2年ほど前に近くを寄ったとき見ましたが
当時のままでした。

築年数自体は結構経っている木造の家屋で、
一部雨漏りなんかもしてました。

引越し先の借家では、
兄と自分で二階の一部屋を使うことになり、
勉強机やおもちゃを運びこんで、
チェックと整理していた時だったと思います。

「トトトトトッ」

と、
何か小動物の足音みたいな音が
天井からしました。

兄と自分はねずみでもいると思い、
母親に報告して母親も足音を確認しました。

隣だった両親の部屋はまったく足音は無く、
自分たちの部屋だけ足音がしました。

親が学校の事務員だった事もあり、
後日学校で依頼してるプロの業者が、
サービスで天井にいる動物の駆除と
対策をしてくれるという事になりました。

その業者の人も天井の足音を確認して、

「ああ、これは何かいますね。」

と言いました。

そして、
作業に取り掛かって天井を確認してもらうと、
業者の人は一言

「あれ?何もいない」

と。

「動物の糞など、
動物がいる痕跡が何も無い」

と業者の人は言うのです。

それでも何かが駆け抜けるような足音はハッキリ聞こえ、
みんな不思議に思ってました。

結局謎のまま、

「また何か困ることがあったら呼んでください」

という事に。

それから半年ほどその家を借りて暮らしている間、
不思議な足音は絶えることがありませんでした。

家を借りている最中、
不思議な事がちょろっと起こった事も覚えています。

我が家は両親祖父母に兄と自分の6人家族で、
毎朝7時には皆起きてご飯を食べたりしているはずなのに、
朝の8時前になっても誰一人起きていなかった、
といった事が2回ほどありました。

後日、
向かいのお婆さんが教えてくれました。

「この家を借りていく人は、
みんな以前より良くなって出て行く」

と。

私達が出た後もすぐに他の人が借りたらしく、
車庫に車がありました。

あれから14年経ちますが、
今でもあの足音が聞こえるか気になります。

以上で終わりです。

ちなみに、当時は家族みんな健康で、
何かと良い事が多かった記憶がある。

きっとあの家には、
座敷わらしみたいなのがいたんじゃないかなと、
個人的には思っています。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2941-aef6c864