【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】華ちゃん

【じわ怖】華ちゃん

スポンサーリンク



高校生の時に婆ちゃんが亡くなり、
形見で市松人形を頂いた。

かなり古いが可愛い顔で、
良い品だと見て取れるような市松さん。

『華ちゃん』と名前を付けて、
髪飾り作って付けてあげたり、
まあ可愛がってた。

大学進学で一人暮らしになる時、
華ちゃんも連れてきた。

そのうちサークルの友達や先輩を部屋に上げるようになったが、
ふと気付くと、時折華ちゃんがマジギレしていた。

他人にはわからないらしいが、
目をつり上げ眉間に皺を寄せた顔はまさにマジギレ。

暫くして、
ある特定の先輩が来た時のみマジギレしてる、
と気付いた。

その頃、
部屋から細々したものがたまに紛失していた。

必ずサークル内の人が複数で来た後に。

波風立てたくないし、
無くなってもすぐ困るものでもなかったから、
ずっと黙っていたのだが、
まさか…と思ってA先輩に
(華ちゃんの事は言わず、ただ物がなくなる事だけ)相談すると、
A先輩が華ちゃんがキレた先輩を問詰めてくれた。

結果的に、
私は華ちゃんがキレた先輩から惚れられてたらしい。

把握してた紛失物は、
ヘアピン、髪ゴム、小さなマスコット等だったが、
A先輩の家捜しにより、
箸、リップクリーム、下着、というダメージ大きい物も発見。

窃盗で警察行く前に相手の親が出てきて、
示談金と相手の退学、
『今後一切関わらない』の念書で済ませた。

この時は、
気付かせてくれた華ちゃんに凄く感謝した。

A先輩や友達からは

「下着無くなってんの気付けよ!」

と総ツッコミを頂いた。

その後、
A先輩が部屋に来ると、
華ちゃん超えびす顔。

もう今にも

『よく来たな、ゆっくりしていけ!』

とか言いそうなえびす顔。

マジギレ顔と違い、
これについてはA先輩も

「なんか華ちゃん笑ってない?」

とか言ってた。

A先輩とはなんだかんだで付き合う事になり、
そのまま結婚した。

婆ちゃんの霊が華ちゃんに…?とも一時期思ってたが、
やっぱり華ちゃんは『華ちゃん』という人格(?)だと今は思う。

何年かしたら、
今まだお腹の中の娘の御守りになってもらう予定です。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2932-9c1c29b4