【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】この世が嫌になった

【じわ怖】この世が嫌になった

スポンサーリンク



今年のGW明けの頃のこと。

前の日から上司の機嫌が悪くて、
八つ当たりばかりされてた。

その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、
基地外呼ばわりされたり、身体的欠陥を突っつかれたりして、
本当にこの世が嫌になった。

元々鬱持ちなんで、
薬は山ほどあった。

最近の薬は安全だから
薬をがぶ飲みしたところで死ぬとは思わなかったけど、
とにかくどうなってもいいやって気持ちで
手当たり次第に薬を引っ張り出して、
容器からパキパキ出し始めた。

ひたすらパキパキやってると、
いつも薬のパッケージ(?アルミのやつ)
で遊ぶのが好きなうちのぬこさまが、
音を聞きつけてやってきた。

いつもは寝る前に私が薬を飲んだ後、
薬のカラでネコサッカーやるんだけど、
その時私が大量の薬をベッドの上に並べてるのを見て、
タタターっと走ってきて、お仕置きてな感じで
私の手や顔を平手打ちし、
更に並べてあった薬もバラバラに散らばした上で、

「みゃお~!!みやあお~~!!」

って鳴きはじめた。

私は一瞬ボーゼンとしてたけど、
ぬこさまの異様な鳴き声で
家族が何事かと様子を見に来た。

こうして家族にしこたま怒られ、
行きつけの病院の先生にもこってりしぼられ、
薬がぶ飲み作戦は失敗に終わった。

でも、私の精神状態を上司の上司が知ることとなり、
私に八つ当たりした上司は幹部会議で晒し上げされたらしい。

それ以来、
私が寝る頃になるとぬこさまはどこからかやってきて、
私が正当な量だけの薬を飲んでいるか監視するかのように、
横にいてじーっと見てる。

こんな私と一緒にいてくれるぬこさま、
本当にありがとう。・゚・(ノД`)・゚・。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2930-e12ab5ca