【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】じいちゃんが若かった頃に泊まった旅館

【じわ怖】じいちゃんが若かった頃に泊まった旅館

スポンサーリンク



じいちゃんがまだ若かった頃、
嫁とある旅館に泊まった。

夜、じいちゃんがトイレに起きると、
すっかり眠気が覚めてしまい眠れなくなった。

嫁さんは爆睡しており、
起こすのもかわいそうなので、
一人でお風呂に入ることにした。

そしてそこで見てしまった。

あきらかに人間じゃない、
透けた体の男が浴室に立っているのを。

男は手に刀を持っており、
じいちゃんの気配に気づいたのか
「誰だ」としゃべった。

しかし男は後ろを向いていたため、
じいちゃんは目を合わせてはマズイと思い、
あわてて自分の部屋に逃げ帰った。

布団の中で震えていると、
廊下を誰かが歩いてくる音が聞こえる。

昔の旅館なので、床板がきしむのだ。

そして、客室のふすまを開ける音。

「ここにはいない・・・」

そして声は徐々に近づいてくる。

どうやらヤツは、
客室を開けて一つ一つ確認しているようだ!!

じいちゃんはもう、
生きた心地がしなかった。

声はじいちゃんの部屋にどんどん近づく。

「ここにはいない・・」

声はいらだち、怒りがまじっている!

そしてついに
じいちゃんの部屋のふすまが開けられた!

「ここにもいない!!!」

・・・そしてふすまは閉められ、
足音はしだいに遠ざかっていったそうだ・・・

この話を聞いたとき、
その拍子抜けしたオチに、
俺は不覚にも吹いてシマッタよ・・・。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2924-ea845cef