【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】アパートが倒壊

【じわ怖】アパートが倒壊

スポンサーリンク



あん時の地震(※阪神淡路大震災)はホンマ悲惨やった。

その当時、
俺はひきこもりやって朝方、
寝ようとして地震にあった。

うちの隣のアパートが倒壊して、
そこに住んでる友達の妹が俺に

「中に子供がおるの!お願い、助けて!」

って叫んだんやけど、
アパートの一階部分は既に崩れていて
二階部分も崩れる寸前やった。

内心、マジかよ?と思った。

大家さんが

「やめとけ!今、消防呼んだから!」

って怒鳴った。

俺は既に窓枠に手をかけていた。

小さな窓枠やったけど
当時、ガリガリに痩せていたんで
余裕で中に入れた。

中はホコリが凄く、
真っ暗でこの中に子供がいるなんて信じられへんかった。

一体、どこにおるんや!?

その時、外から大声がして、
続いてガッターン!とメチャクチャでかい音がして
部屋が少し傾いた。

でも、自分は死なないような気がしてた。

その時、ニャーと猫が鳴く声がして、
奥の方に目を凝らすと
タンスの上に猫が座って俺を見ていた。

俺が急いで近寄ると
猫はタンスの横に降りた。

タンスの下から布団に包まったような泣き声が聞こえた。

タンスを引き起こすと、
でかいスヌーピーと布団の隙間に子供が埋まっていた。

急いで子供を抱え、
窓枠から外に出ようとしたが出れるわけがない。

おい、どうしたらええんや!

すると、さっきの猫が襖の前にいて、
襖からは光が漏れ、

「こっちや、こっち!」

と怒鳴る声が聞こえた。

襖を開けるとなぜか朝日が!

部屋がないやん!

下には大勢の男が布団を積んで待っていて、
みんな、はよ、飛べ!って叫んでいた。

俺が猫は?と聞くと、

「猫なんて、どうでもええ!はよせー!」

と怒鳴られた。

俺は子供を抱えたまま、
布団に飛び込んだ。

俺が脱出した三分後に
アパートは完全に崩れた。

俺は友達の妹に

「猫おったんやけど、ごめん」

と言うと、

「いや、うちの猫は先月死んでん」

え?あの猫は?

よく話を聞くと、
彼女の猫は黒猫で俺の見たのは白猫だったから、
別に幽霊って訳でもなさそうやけど。


うちは下町なので異常な程猫がいます。

今、母親に聞いたところ、
アパートの大家さんが俺の見た猫を猫の神様だといって、
近くの神社に寄付して小さな社を建てたそうです。

当時ガリオタだった俺も今じゃ70キロオーバーの社畜です。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2918-867981f1