【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】祖父の法要

【じわ怖】祖父の法要

スポンサーリンク



祖父が死んで昨日四十九日の法要だったんだけど、
そのあとの席で祖母から聞いた話。

通夜の晩、
座敷に親戚知人が集まって、
祖父についていろんな話で盛り上がったんだけど、
客がみんな帰った後、
祖母が来客用の座布団を押入れにしまおうとふすまを開けて、
「あら、」と言ってそのまま固まってる。

やがて

「あらあらごめんなさい」

と言って、
座布団をしまわずにふすまを閉めた。

おれたちが

「どうしたの?」

と聞いても、

「いいえー」

とすました顔で台所へ行ってしまったので、
伯父が押入れを開けてみたが、
そこには何もなかった。

「まさか母さん、
親父が死んだショックでボケが始まったんじゃないだろうな」

などと父や伯父は心配したが、
別にほかに変わったことは無かった。

そして昨日に祖母が、

「あの時ふすまを開けたら、
死んだはずのおじいちゃんがかしこまってて、
私とちょうど目があって二人ともびっくりしちゃってねえ。
でも、おじいちゃんは生きていたころよく、

『おれは死んだらこっそり戻ってきて、
みんなが俺のことをどう言ってるか、
香典をいくら出したか確かめる』

って言ってたのを思い出したんで、
『ごめんなさい』って言って閉めたの。
おじいちゃんは『いや、こちらこそ失礼』って笑ってたわよ」

と打ち明けたので、

「通夜や葬式で滅多なことを言うとやばいなー」

と、一同思わず周りを見回したのでした。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2910-14b77811