【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】硫黄島での体験談

【じわ怖】硫黄島での体験談

スポンサーリンク



俺が2年前に、
自衛隊基地施設建設の為に
硫黄島へ6ヶ月間行った時の話。

数か月ものあいだ島に閉じ込められると、
自然と顔見知りの隊員さんが出来て、
色々話すうちに、
硫黄島の心霊現象なんかの話題になることがあるんだ。

隊員さんの話では、
戦後~平成にかけて硫黄島の心霊現象は
壮絶なものだったらしい。

夜中に行進する兵隊なんかは当り前で、
中には夜な夜な水を求めて徘徊する黒焦げの兵隊や、
窓の外に体の一部が無い兵隊が
恨めしそうに見ていたりってのが毎日あったんだと。

恐らく彼らの中では
戦争はまだ終わって無かったんだな。

だけど、
平成6年2月に天皇陛下が硫黄島を訪れた際に、
慰霊碑に鎮魂と、
日本を守る為に命を犠牲にして戦ってくれた事への感謝の意を捧げると、
その日を境に幽霊がピタリと出なくなったらしいんだ。

まあこの辺はよく聞く有名な話だよ。

んで、ここからが俺が体験した話。

隊員さんから心霊現象の話を聞いた夜、
自室で布団を頭まで被って寝てると、
誰かが揺すり起こしてきたんだ。

寝たばかりで辛かったからシカトして寝ようとしたら、
今度は激しく体を揺すってきた。

そして、さらには

「おい!朝だぞ!!いいかげん起きろ!!!」

と怒鳴る声。

そんなはずはないと思いながらも薄目を開けると、
確かに布団の隙間から朝日が漏れていた。

今日は全然寝た気がしないなぁ~なんて思いながら体を起こすと、
恐怖で体が固まった・・・夜なんだよ・・・

もうさ、部屋も外も真っ暗で、
普段は五月蠅い同僚のイビキも、虫の音も、風の音も聞こえない無音だし、
起きる瞬間まで体を揺すってた奴もいない。

体中に鳥肌がブワーーって立って、
混乱と恐怖で頭ん中いっぱいになっていると、
ドアの前に、暗闇よりもさらにもう一段階黒い
人型のシルエットがあったんだ。

俺がその黒い人型に気付くと、
そいつが一歩前に出て、

「何をしている!!
さっさと支度をせんか!!!
バカ者!!!」

とハッキリと聞こえる怒声がした。

その時に気を失ったのかわからんが、
気が付いたら朝で、
相部屋の同僚が心配そうに、

「なんか、メッチャうなされていたけど大丈夫??
顔も青いし、体調悪いなら今日は休めば?」

って言ってきた。

たしかにフラフラするし、
体調悪かったから、
一日布団の中で過ごすことに。

布団の中で昨夜のことを思い返すと、
怖いってより何か切なくなった・・・

米兵、日本兵問わず、
彼らの戦争は何時終わるんだろう・・・
(硫黄島ではもちろん米兵の幽霊も出る)

建設中に未だにあちこちから出てくる人骨や遺品、
こんな状態じゃ、おとなしくなることはあっても
成仏はしないな・・・とか、
今の俺たちは彼らの命の上に立つ価値があるのか??とか、
色々考えさせられてな。

以上が俺の硫黄島での体験談、
まあ他にもあったけど、
これが一番印象深いエピソードかな。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2908-2154d02a