【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】お母さんが戻ってきた

【じわ怖】お母さんが戻ってきた

スポンサーリンク



私の母が亡くなってから、
いろいろあります。

最初は、
母の葬儀が終わって夕方家に戻ったとき。

玄関の黒いドアの真ん中に、
真っ白な蝶々がぴったりとまっていました。

直感的に

『お母さん、戻ってきたんだ』

と思いましたので、

「家に入りたい?」

と聞いたら、
玄関の灯りが一瞬

『いいよ』

と返事するように
フワッと明るくなりました。

蝶々の羽の模様が、
母の顔に掛けたハンカチの刺繍の柄にそっくりで、
しばらくその蝶々を眺めていました。

次の朝になってもその蝶々は同じ場所にいて、
私の知り合いや友人たちもみんな、

「お母さんだ」

「○○さんに間違いないよ」

と、蝶々を囲んで話していました。

それから初七日を迎える前の晩まで、
蝶々はそこにぴったりとまったままで、
時おり私が出かけようとすると、
フワフワと庭の仕切りまで見送ってくれて、
帰ると、また元の場所にいるんです。

初七日の前の晩。

「明日の朝は初七日だから、
もう行かなくちゃいけないんじゃない?」

と話をして、
お水をお供えしました。

初七日の朝、
ドアを開けてみると、
蝶々はいませんでした。

初七日を終える夜、
私はそれまでの疲れや心労でどっと寝込み、
40度近い熱が出ました。

ウンウン唸りながら、
夜中の2時過ぎくらいに
右腕がすっと真っ直ぐにひとりでに持ち上がり、
手の平にじんわりと温かい感触が伝わりました。

母の手に握られている感触です。

ふーっと気持ちがラクになって、
それからしばらく心地良く
そのままの姿勢でいました。

気がつくと朝の5時。

3時間も腕を上げっぱなしだったはずなのに、
体がとてもラクになっていて、
熱もすっかり引いていました。

見ていてくれてるんだな、
護られてるんだなと、
温かい気持ちになりました。

それから2~3日たった晩、
また夜中に腕がすーっと上がり、
今後は指先で、
ひらがなでメッセージを送ってくれました。

『かわいいかわいい○○
いつもそばにいるからね
○○にはなにもしてあげられなくてごめんね
でもこれからはいつもまもっているからね』

『それからおねがいがあるの
いちばんおくのおしいれの
いしょうけーすのしたしきのしたに
おかあさんのひみつのたからものがあるの
それをみつけてもやしてほしいの』

母に言われた通りに、
押し入れの一番奥の衣装ケースの下敷きをめくってみると、
ありました。

母が若い頃、
父から貰ったラブレターでした。

母に言われた通り、
次の日に庭で燃やしました。

天国に届いていると思います。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2907-0edc7a04