【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】世話になった人への手紙

【じわ怖】世話になった人への手紙

スポンサーリンク



中学卒業間近のある日。

授業(自習?)かなんかで、
今まで世話になった人に手紙を書きましょうみたいな、
よくわからん時間があった。

周りのヤツ等は、
友人や部活の顧問に一生懸命書いてた。

自分は最初

「今どき手紙かよ」

と思って馬鹿にしていたけど、
なんとなく書かなきゃいけないような気がして、

半年前くらいに死んだじーちゃんに手紙を書いた。

まぁ届くはずがないんだが。

最期の時、
意識もない寝たきりだったじーちゃんに
伝え切れなかった感謝の気持ちと、
高校の制服姿を見せたかった気持ちを手紙にありったけ込めて、
俺はばーちゃんちに向かった。

普段はろくに顔もみせないダメなヤツなのに、
ばーちゃんは笑顔で迎え入れてくれた。

俺は奥の方の部屋にある仏壇に手紙をそっと置いて、
手を合わせてその日は帰ったんだ。

それから数日たって、
珍しくばーちゃんが家に俺を訪ねて来た。

「○○ちゃん、
おじいちゃんから返事がきたで」

さらっと言ったもんだから
すげービックリしたけど、
とりあえず受け取って、
ばあちゃんが帰った夜、
おそるおそる読んでみた。

便箋は二枚。

内容は、俺の身を案じている、
俺のじいちゃんへの感謝は日ごろから伝わっていた、

お前の制服姿は誰よりもキマっている、
枕元で一生懸命色んな話をしてくれたのに、
返事もしてあげられなくてすまない、
という感じだった。

二枚目を見ると、

『お前の夢は叶う』

とでかでかと書かれていた。

追伸には

『ばあちゃんに代筆を頼みました』

と震えた字で記されていた。

じいちゃんが書いたのか、
婆ちゃんが書いたのか、

そんなのは関係なしに、
その日は涙が止まらなかった。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2906-c627443b