【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】おばあちゃんの見舞いに行った

【じわ怖】おばあちゃんの見舞いに行った

スポンサーリンク



もう何年も前の話になりますが・・・。

10年以上寝たきりで、
最後の方は呆けてしまっていたおばあちゃん。

帰省して見舞いに行った時、
私の名前も分からなくなった祖母の傍にいるのが辛くて、

「もういいよ」

と言って病室を出てしまった。

しかし、次の日に母から

『おばあちゃんがアンタに会いたがっている!』

という電話を受け、
その週末にも帰るつもりでいた。

そんな週中、昼寝をしていた。

すると、台所で何やら音がした。

誰かが歩いて床がきしむ音、
食器同士が擦れるカチャカチャという音。

あまりにも長く続くものだから気のせいではない。

泥棒だ!と思い、
台所の戸を開けた。

しかし、そこには誰もいなかった。

寝ぼけていたのかと思い、
もう一度布団に戻った。

しばらくして電話が鳴った。

『おばあちゃんが死んじゃったよ』

と。

容態が急変したらしい。

おばあちゃんの作る料理が大好きだった私。

最期に何か作りに来てくれたのかな。

夢でもいい。

また台所に来てくれてもいい。

私がそっちに逝った時でもいい。

「あの時は『もういいよ』なんて言ってごめんね。
大好きだよ」

と伝えたい。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2880-542ad17e