【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】創業社長

【じわ怖】創業社長

スポンサーリンク



以前勤めていた会社での事。

その会社、
創業社長が一代で大きくした会社で、
バブルの頃はかなり羽振りもよかった…

けど、所詮は個人企業。

社長も元々商売の才覚があった人ではなく、
好景気に踊らされてあちがちな失敗をやらかした…

株投資の失敗、
多角化しすぎた事業の赤字、
過剰すぎた設備投資…

その結果、
莫大な借金を苦に、
社長は自殺してしまいました。

社長の死後、
私も含めて全社員が必死になって会社を立て直した。

そんな事になってしまっても、
社長は人徳があった人。

皆が社長の会社を潰すものかと本当に頑張った。

後年、
バックアップを申し出てくれた会社もあり、
その会社の子会社という形で
どうにか会社は生き延びる事ができた。

けれど、
やっぱり社長は未練があったようで。

『社長室』には妙な噂が絶えなかった。

普通の部屋の筈なのに
いつも薄暗く、ひんやりしていて、
中にいると視線を感じる。

社長が生きていた頃にはそんな事は無かったのに。

親会社から出向してきた幹部が
社長としてその部屋に入るも、
わずか1ヶ月で社長室を別個に用意したなんてことあった。
(何があったかは絶対に教えてくれませんでした)

そして、社内では『人影を見た』とか、
ありがちといえばありがちな現象のオンパレード。

数回、除霊まで行いましたが、
効果はありませんでした。

それからさらに数年後、
私は出産を機に退社する事に。

周りを見渡すと、
いつのまにか『頑張った社員』達は
もう私しかいなくなっていました。

つまり、社長を知る最後の社員。

退社するその日、
私は薄暗い廃墟のようになった社長室へ行き、

「今までお世話になりました。
社長もできればお休みください」

と目を瞑り、合掌。

そしてふと目を開けると…
つけていなかった筈の部屋の電気がついており、
目の前の社長のデスクには、
生前の社長のシルエットのようなもやが…

声も出ずにもやを凝視していると、
もやはお辞儀をするように変形し、
散ってゆき、電気も消えました。

それからもう涙が止まらず、
その後の私の送別会でもずっと泣いていました。

先日、用があって久々に会社を訪ねてみました。

やっぱりというか、
こっそり覗いた社長室は以前の暗い雰囲気はなく、
明るい、いかにも『仕事のできる幹部の部屋』に見えました。

「もう何も起きない?」

と元同僚に聞いた所、

「時々親会社の人が、軽くおどかされるくらいです」

との返事。

親会社の人には悪いんですが、
ちょっと笑ってしまいました。

社長、遊んでないで
早く完全に成仏してもらいたいものです…


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2873-47dd37f6