【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】ミャーさん

【じわ怖】ミャーさん

スポンサーリンク



猫が一生に一度だけ人の言葉を話すって話は
多分みんな知ってると思う。

で、俺が生まれる前に家では猫飼ってたのよ。

二匹くらい。

ある日その話を知って、親父に

「こうこうなんだけど、
ミャーさん(猫の名前)は喋った事ある?」

って聞いてみた。

そしたら、

「一回だけある」

と親父。

ミャーさんは保健所に連れて行かれそうになった所を、
家の母が

「引き取り手を捜してみる」

と言って引き取ったらしい。

しかし母に懐き、
家で飼う事にしたらしい。

そうして一緒に過ごす内に、
元々猫嫌いだった父にも懐いた。

父もミャーさんを段々と好きになっていったようで、
今ではすっかり猫好きに。

父曰く賢い猫で、
外に出ても必ず家に帰ってくる猫だったらしい。

そうして暮らす内、俺が生まれたのよ。

それで病院から俺が家に来た時、
丁度ミャーさんも外から帰って来た。

母が

「私たちの子供だよ~」

と言ってミャーさんに俺を見せると、
ミャーさんは俺の匂いをちょっとかいだ後、
にゃーと鳴いたんだと。

そしていつも外に行くときに使う窓の前に行き、
にゃーにゃーと『開けて』の合図を送ったらしい。

いつもは一回帰ってきたらもう出ないのに……?
と思いながら父は窓を開けてあげた。

でも、外には行かず、
にゃーにゃー鳴き続けるだけ。

どうしたん?と父が顔を近づけた時、
ミャーさんは人の言葉を喋ったらしい。

「ありがとう」

って。

えっ?って父が驚いてる間に、
ミャーさんは外に出ていった。

そして、二度と帰ってこなかったんだと。

その「ありがとう」は父しか聞いてないらしく、
その場にいた母は

「普通に鳴いて出て行った」

と今も言っている。

喋ったから出て行ったのかは分からないが、親父は、

「お前が生まれたからミャーさんは
『自分の居場所がなくなった』
って思ったから出て行った」

と、笑いながら言っていた。

冗談でも酷い。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2870-5f7eca73