【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】伝説の先輩

【じわ怖】伝説の先輩

スポンサーリンク



霊感少女で有名だった大学の先輩にまつわる話。

ただ、私は全く面識がなく、
研究室で語り継がれてる伝説の先輩ってくらいしかしりません。

うちの民俗学研究室では毎夏休み、
フィールドワークを行います。

で、先輩たちも夏にとある地域に出向いて
民俗学の研究をしていたそうです。

そこで、先輩達数名も
フィールドワークをしていたわけです。

したらば、まぁ、民俗学といえば
狐狸妖怪の類から幽霊までもが範疇に入るわけですから、
物好きな方も多く、
皆で心霊スポットにいこうか、となったわけです。

場所はトサツ場。
(携帯変換で出ませんでしたorz)

先輩たちがそこに一歩踏み入れた瞬間、
沸き上がる不快感。

これはやばいと逃げ帰ったそうですが、
そりゃもうわんさか憑いてくる。

霊感先輩は見えるけれどお祓いなんかはできないらしく、
みんなで近場で一番有名な神社でお祓いしてから帰ることに。

それで先輩たちが神社に向かって移動していると、
一人だけケロッとしている先輩A。

他の先輩たちは肩やら空気やらガンガン重くて、
体を引きずるように歩いているのに、
その先輩だけは(・×・)な感じ。

と、突然笑い出した霊感先輩。

先輩B「なに?どした」

霊感先輩「いやさ、Aくんの周り、霊が避けてるw」

先輩C「まじで?」

霊感先輩「うん、Aくんだけスルーされて逆避雷針みたいになってる」

他の人の周りにはガンガン憑いて来たのに、
一緒にいるA先輩だけはスルーというのに一同爆笑。

最後に迎えに来てくれた先生に

「なんで××神宮にいるの?」

と聞かれ、

「いや実は…」

と話しながら

「でもAくんだけは霊からスルーされてました」

で笑い話になったそうです。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2867-19159cf1