【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】猫の親子

【じわ怖】猫の親子

スポンサーリンク



アパートで一人暮らし始めた頃、
アパート周辺を猫の親子がうろついていた。

親猫と仔猫四匹。

私はどういうわけか親子になつかれた。

アパートでは飼えないので
下手に餌をやるのは避けていたが、
たまに撫でてやったりしてた。

ある日の夜、
玄関ドアからカリカリ音がする。

開けてみたら親猫。

猫はにゃーにゃー鳴いて、
どうも『ついてこい』と言ってるように見えた。

とりあえず外に出ると、
親猫はアパート前の道路に出て、
角を曲がった。

行ってみると、
怪我した仔猫らがうずくまっていた。

びっくりして更に近寄ると、
仔猫の陰にぐったりした親猫が。

もう『アパートじゃ飼えない』
とかいう理屈は吹っ飛んでしまい、
私は猫五匹抱えて近所の獣医に走った。

獣医さんいわく、
車にひかれたようだ。

幸い仔猫は皆命に別状は無かった。

が、親猫は既に死んでいた。

私が見ても即死じゃないかと思う程ボロボロで、
少なくとも私のとこまで歩いて来れる状態では無かった。
(足が二本ズタズタになってた)

霊だか生霊だかわからないが、
親猫は仔猫を助けて欲しくて
私を頼って来たように思えた。

翌日、私は大家さんに頭下げて、
仔猫の里親が見付かるまで飼う許可を貰った。

一匹は私の実家、
一匹は友達の家に貰われて、
残り二匹は今も元気に部屋で運動会中です。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2864-cafeb5ed