【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】もう見えなくなった彼女

【じわ怖】もう見えなくなった彼女

スポンサーリンク



もう見えなくなった彼女の心霊的な話。

中学の頃、DQNやってた。

身も心もすさんでて、
周りは受験を意識していた中三の夏。

他校でやらかしてしまい、
いろいろとお咎めを受けた。

俺の更生プログラムみたいなのが組まれて、
その一環で市の図書館の掃除とかをまかせられた。

寂れた図書館で、
もうあと少しでなくなる予定の図書館。

きりもりしてるのが
市の職員(しかも嘱託)と数人のおばちゃん。

来てる人もほとんどいなくて本当に暇だった。

俺は学習室のテラスでサボってたばこ。

早くおわらねーかなー、
なんて毎日考えてた。

そこで知り合ったのが彼女。

「そこでたばこ吸うな」

と説教を始めた彼女。

むかついて彼女の制服めがけてたばこを投げてしまい、
制服がたばこで燃えてしまい穴が開いてしまった。

彼女は泣きながら家に帰ってしまった。

DQNながらもさすがにやりすぎたと思い、
職員に身元を聞き(図書カードのデータかなんかだと思う)、
家に謝りに行った。

そんなわけで知り合いになった。

毎日図書館の管理する俺と、
毎日そこに来る彼女って間柄のおかげで、
冬には付き合いだした。

付き合いだして俺は更正して、
高校に行くため勉強を教えてもらったりもした。

俺はいわゆる霊を見る力ってのが若干あって、
そのせいか時折、
彼女が薄く見えることがあった。

大丈夫なのか?・・・って心配だったんだが、
それ以上に彼女という人間が不思議だった。

ちょくちょく家にお邪魔させてもらったんだが、
ツタとかからまってるような廃墟に近い家で、
その集落一帯は空港の拡大に向けて立退きが決まってた。

さらに、
彼女は何か病気だったらしく、
大量の薬を服用していた。

色んな事情があったらしく、
俺はあまり相手の事情に踏み込むことはしない。

別れは突然だった。

彼女の家にお邪魔してたら親父が帰ってきて、
彼女の親父は

「中学生なのに恋愛などはするな!」

と俺を殴って追い返した。

「受験を控えた娘にちょっかいを出すな」

と言われ、
それ以来会う事ができなくなった。

彼女がどんな心境だったのかもわからないが、
俺は受験を終え、
今なら少しくらい会ってもいいんじゃないかと思い、
彼女の家に電話をした。

『おかけになった番号はただいま使われておりません・・・』

「えっ?そんな!」

急いで彼女の家に向かった。

そこに彼女の家はなかった。

取り壊された跡で
俺は立ちつくして泣き叫んだ。

俺はその後、
できるかぎりで彼女の行方を捜したが、
彼女が立ち退く前に高校の進学を断念し、
入院したといううわさを聞いただけだった。

それからしばらくして、
彼女の夢を見るようになった。

俺が彼女に一生懸命その日あったことをしゃべりかける夢。

彼女は花畑でにっこりと微笑みながら話を聞く。

俺「今日さ、体育祭があってさ・・・」

彼女「・・・」

俺「俺、大学に行きたいんだよ」

彼女「・・・」

彼女の夢を見ると
必ず穏やかな気分になって、
起きると泣いてた。

しだいに彼女は影が薄れていった。

最後にその夢を見たのは大学を卒業する直前。

俺「俺さ・・・就職決まって、
ついに地元を出る事になったよ」

彼女「お・・・め・・・・で・・・とう・・・・」

ゆっくりおじぎして、
彼女は遠くにいってしまった。

それ以来、
いっさい彼女の夢を見ることも、
彼女の顔も思い出せなくなった。

その夢を見た翌朝、
急いで彼女と一緒に撮った写真やら日記帳やらを探したんだけど、
ついに出てくることはなかった。

もう今じゃ顔も思い出せないけど、
一言くらいありがとうを言わせてほしかったよな・・・
って今でも思うよ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2855-17611c99