【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】護衛

【じわ怖】護衛

スポンサーリンク



じいさんから聞いた話。

俺のじいさんは戦争中、
爆撃機で司令官を運ぶパイロットだった。

もちろん護衛に戦闘機を引き連れてだけど。

戦争で戦友が次々死んでいく中で、
じいさんの一番親しい友達も死んでしまった。

戦局が悪化して護衛の戦闘機が乏しくなった中、
護衛が1機という悲惨な状態に。

そんなある日、
突然米軍の戦闘機2機に襲われた事があった。

その時、死んだ筈の友達の声で

「オイ!!」

と聞こえて、
咄嗟に旋回してギリギリ銃撃をかわしたらしい。

米軍の1機は護衛機が追い払ったが、
もう1機はどこから来たのかわからない友軍機が火を吹きながら追いかけて、
米軍機は勝手にジャングルへ墜落した。

その後、友軍機は
じいさんと護衛機と並行して飛んでたんだが…

機体のナンバーが死んだ友達のものだった。

全てを察してじいさんが敬礼をすると、
友軍機は火を吹きながら上昇して、
雲の中へ消えたそう…。

じいさんは今でもその友達の墓参りに行ってる。

余談

じいさんは勿論まだ健在だよ。

つか、85歳だけど元気すぎて困る。

戦後長らくバスの運転手をしていて、
現在も頼まれればボランティアでバスの運転手をしている。

じいさんは
現在も死んでしまった友達の家とは交流がある。

広大な山を持つ家だそうだけど、
戦時中資源調達の為にはげ山になり、
男衆がほとんど死んでしまった友達の家のために、
友の恩に報いるために、
復員後、暇を見つけては植林をしていた。

森になるまで30年も!

…バカ孫(俺)はそんなこと知らず、
その山で走り屋ごっこして遊んでましたorz

あの立派な木々が、
じいさんが植えたものだったと知って感動した。

できればじいさんの精神の一部でも受け継ぎ、
立派な人間になりたいと心から思う。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2853-40f74683