【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】紫陽花

【じわ怖】紫陽花

スポンサーリンク



去年の今頃、
ばあちゃんが死んだ。

ずっと入院生活だったし、医者からも

「いつ逝ってもおかしくない」

と言われてて、
心の準備はできてたはずだったが、
やっぱり悲しくて、
棺の中のばあちゃんの顔を見れないまま葬式進行、出棺になった。

みんなで棺に花を入れていたら、母が

「あっ!お母さん紫陽花大好きだった!」

といきなり叫んだ。

入れるために用意されていた花の中に紫陽花は無かった。

「好きだった花だし入れてあげよう!」

となって、
私と従姉妹二人と叔父で車に乗り、
あちこちの花屋に行ったが、
何故だか紫陽花はどこにも売ってない。

葬式屋(?)に出棺を待ってもらっている状態だったので、
遠くの花屋まで行く時間は無い。

仕方なく帰ろうとしたら、
道沿いの家の庭に沢山の紫陽花が咲いてるのが見えた。

その紫陽花の横に初老の男性が立って何かしていた。

「あの人に言えば譲ってくれるかも!」

と叔父が言って車を止め、
全員で男性の元へ走った。

「あの」

と話しかけると、男性はすっと、
今切ったばかりのような綺麗な紫陽花を束で叔父に手渡した。

「ほら、早く行ってあげなさい」

そう言って笑う男性に私たちは何度も頭を下げ、
急いで帰り、無事にばあちゃんの棺に紫陽花を入れる事ができた。

私も入れたが、
その時初めて見たばあちゃんの顔は、
安らかでまるで寝てるみたいだった。

翌日、私たちは

「お礼をしなきゃ」

と、お菓子を持ってその家を訪ねた。

けど着いたら、
そこ、どう見ても空き家。

昨日見た時は、確かに普通の家だったのに。

屋根瓦とかはがれてるし、
壁も一目見て腐ってるとわかるような状態。

人の気配もしない。

でも、昨日見た紫陽花は確かにそこの庭に生えてる。

近所で他に庭に紫陽花がある家は無かった。

叔父と一緒に

「確かにここだったよね?」

とうろうろしていたら、
従姉妹が

「よそのおじいさんが、
独断で譲ってくれたんかね?」

と言い出した。

そうかも……と私たちは納得しかけたが、
その時改めて考えてみると、
あの男性は私たちが何も言わないうちに紫陽花を渡してくれた。

いくら私たちが喪服だったからって、
そんなすぐ用件がわかるだろうか?

それに、私たちが男性に話しかけた時、
男性は既に手に紫陽花の束を持っていたようだった。

まるで、私たちが来るのがわかっていたように。

私も叔父も従姉妹も何となく黙ってしまい、
結局空き家の玄関にお菓子を置いて帰った。

誰もいない家に何度も頭を下げて。

あれから一年経ったが、
いまだに不思議。

その家とばあちゃんとの縁も見えない。

けど、あの家に住んでいた人以外の『何か』が、
私たちに優しくしてくれたのかな、
と思っている。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2851-2240e86e