【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】グリッドマンと初代ウルトラマン

【じわ怖】グリッドマンと初代ウルトラマン

スポンサーリンク



俺が小1の頃の話。

今はそれなりの場所に住んでるんだけど、
その頃は駅まで車で20分というド田舎に住んでた。

もう家の真ん前が山。

山の麓には上の神社に登れる道があって、
ちょっと登ったところに湧き水を貯めるタンクがあるちょっと広いところがあって、
たまにそこで遊びに行ってた。

ある日、
俺は友達とおもちゃをいろいろ持って
そこに遊びに行ったんだ。

いつもの様に山を登ってたら、
例の広いところに小さいネコが
ちょこんと道の真ん中座ってるのが見えた。

近寄って見ると、
ネコの顔にはブラックジャックみたいな縫ったあとがあって、
顔の上下で毛の色が違った。

しかも、
近づいても置物みたいに全く動かない。

怖くなった俺たちは帰ろうと思ったんだが、
なんか動けなかった。

すると、
俺たちの後ろで人が囁く様な声がした。

驚いて振り向くと、
黒っぽい顔がデカくて気持ちが悪い猿がいた。

身体は小さいんだけど、
顔がボルネオオランウータンみたいに膨れてて怖かった。

猿は犬みたいに唸って、
俺たちに吠えてきた。

その吠える声が
だんだん言葉みたいに聞こえてきて
俺たちはマジ泣き。

その時、
友達が鳴き声を上げながら
手に持ってた俺のグリッドマンの衝撃おもちゃを猿に投げつけた。

グリッドマンは猿の近くに落ちて

『びびび、グァアアァ』

って音を発した。

でも猿は鳴きやんだが動こうとしない。

俺は大好きなヒーローを友達に投げられた悲しみで、

「なんで投げるんだよ!」

って怒りもっと泣いた。

そんな俺に構わず、
友達はポッケに入れてた俺の初代ウルトラマンのソフビを取り出して、
また猿に投げつけようとした。

その時、猿はビクッとして草むらの方に逃げて行った。

そのあと、グリッドマンを拾って家に逃げ帰った…。

今考えても、
凄い怖いしあのネコと猿がなんだったのかわからないけど、
あの猿は初代マンが怖くて逃げたのだろうか?

ウルトラマンが仏像モチーフだからかw?

もしそうなら、
あの猿も10年以上経って大きなお友達と化し、
ソフビまみれになった俺の部屋には絶対侵入出来ないと思うw

しかし、今だにグリッドマンを投げつけたあいつが許せんw
関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2848-300f02da