【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】一人でコタツに入って寝てた

【じわ怖】一人でコタツに入って寝てた

スポンサーリンク



中学の頃、
一人でコタツに入って寝てたら、
急に両足をグイッと引っ張られた。

?と思いコタツの中見てみたら、
5歳くらいの女の子がニコニコしながら足掴んでた。

うわあ!って慌ててコタツから出て、
台所にいた親父に

「子供!コタツの中に子供いて足掴まれた!霊だ!」

と半泣きで説明すると、
親父がまたまた~って感じでニヤニヤしながら、
コタツの中を確認しに行った。

「なーんにもいないよ」

「いや!マジだから!
さっきいたし!感触残ってるし」

「はいはい。わかったわかった。あー寒い…」

と親父がコタツに足を入れた瞬間、
ゴホゴホゴホ!ウェーッ!ゲッゲッ…
と苦しそうな声がコタツの中から声が聞こえた。

流石に親父も驚いて

「うわあ!誰かいる!」

と泣き叫んだ。

そこから2人ともコタツから避難して、
ソファーでダラダラしてると母親が帰ってきた。

母親にコタツの件を話すと、
またまた~って感じでコタツの中を確認しに行った。

そして一言

「パパの足くっさ」

と言った後に、

「こんなに臭いんじゃ幽霊も可哀想。
2度とコタツに入らないでね」

なるほど。

臭かったからあんなに苦しそうに噎せてたんだなあって、
親父としみじみ話してこの話は終わった。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2838-004c51bf