【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】蚊帳を吊るして寝た

【じわ怖】蚊帳を吊るして寝た

スポンサーリンク



今から十数年前に友達から聞いた話。

友人が祖父母の家に泊まりに行った時、
その日は両親と一緒に行ったにもかかわらず、
1人だけ別の部屋に宿泊することに。

その部屋は庭に面した部屋で、
蚊帳を吊るして眠ると
いい風が入りそうだなと思ったんだそう。

眠くなり、
そろそろ就寝しようと蚊帳の中に布団を引いて
横になってしばらくたつと、
どこからか人の声というより、
大勢の人の喋り声が。

両親、祖父母の部屋とは離れているし、
何より聞いたことの無い人物の声だと思ったので不思議に思い、
なんとなく障子を開けっ放しにしていた。

庭の方を見たら、
教科書で載っているような
戦時中の日本兵の格好をした団体が。

一人の兵士(上官)に対し大勢の兵士が並んでいて、

「○○兵士(たぶん自分の階級?)行ってまいります」

上官にそういって敬礼をし、
去っていく日本兵。

友人はそれを見てなぜか

『もしかして特攻前の挨拶をしているのかな』

と思ったんだそうな。

ちなみにその友人かなり視力が悪く、
蚊帳を下ろしていれば服装や性別なんぞ区別がつかないほどなのに、
日本兵ははっきり見えたのだそう。

その光景が延々と続いて、
怖いよりうるさくて眠れないのにイライラし、
布団から出て蚊帳を上げたら、日本兵が消えた。

安心して蚊帳を下ろし
『これで眠れる』と布団に戻ろうとしたら、
蚊帳越しにまた日本兵が見えるし声も聞こえる。

『えー、どういうことなの』

蚊帳を上げる→日本兵消える→蚊帳を下げる→日本兵が見える

蚊帳を上げれば見えないが虫に刺されるし、
下げればうるさくて眠れない。

悩みに悩んで友人は、
そのまま蚊帳を下ろしそのまま就寝。

声は無視。

翌日起床まで何もなかったそうです。

なんで下げるのを選んだのか私が友人に尋ねたら、

「虫刺されは翌日に残るが、
幽霊は朝になれば消えるから」

だそうだ。

実に男らしい女友達の話です。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2830-185406ef