【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】山の動物

【じわ怖】山の動物

スポンサーリンク



祖父母宅の周辺が
『となりのトトロ』みたいな自然環境だった。

今は道路通ったりコンビニ出来たりで面影無いが、
昔はたまに不思議な事があった。

私が山で遊んでて迷子になった時、
狸に道案内して貰った事がある。

急に出てきて
『こっちこっち』みたいな顔で前を歩くから、
付いて行ったら知ってる道に出て無事に帰れた。

帰宅した後、
ポケットに入れてたお菓子袋が無くなっていて、
祖母は

「狸に取られたね。お礼にあげときなさい」

と言った。

しかし、
お菓子はともかく
袋は祖母が縫ってくれた巾着だったから、

「返して下さい」

って森に向かって頼んだら、
翌日玄関先に置いてあった。

中には花が沢山詰まっていて、
それ見た祖母はまた

「袋ごと取ってごめんなさいって事かねえ。
義理堅い狸だこと」

と笑っていた。

あと、祖父母がやってた芋畑が
やたら猪に荒らされるので、
祖父が畑の一画を区切って芋を植え、

『猪さん用・ここだけ食べ放題』

って立て札を立てたら、
その年はそこだけ食べられてて他は被害無しだった。

そんな環境で育った為、私は今でも、
狸や狐は人を化かす事もあるし、
山の動物は話のわかる賢いものだと信じている。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2756-c70d69fc