【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】幽霊の存在を完全に否定

【じわ怖】幽霊の存在を完全に否定

スポンサーリンク



幽霊の存在を完全に否定している友人と他の友人連れて、
よく出ると噂される某トンネルにこの夏に行った。

時間はもちろん真夜中だ。

メンバーは俺とそいつと霊感のある男1人女1人、
計4人だった。

トンネルに着くなりそいつが

「俺は一人でも大丈夫だからお前等先に行ってきなよ」

とたわけた事をぬかしたので、
ならばと3人でトンネルへ。

霊感のある2人の友人は
入り口ですでにワーキャー騒いで怖がっている。

もう出ているそうだが俺には見えない。

一応トンネルの中に入って出てきて、
いよいよそいつの番になった。

ガタガタ震えてる2人に対し、

「お前等、何を震えてんの?www」

とからかいながら
トンネルへと行ってしまったそいつ。

それから15分ぐらいたってそいつが戻ってきた。

顔は笑顔だ。

車に乗り込んだそいつは開口一番、

「幽霊なんてやはりいなかったよww
トンネルの途中で白い着物来たお姉さんに会ったけど、
『幽霊は両手を突き出して、
『うらめしや』と言いながら出てくるのが当たり前だろ!やり直せ!』
と一喝したら、不愉快そうなツラしてスッと消えて行ったよwwwww
俺は自分のリクエストに応じてくれる幽霊じゃないと、
幽霊とは認めないんだ。ワハハハハハハ」

霊感のある2人は呆れていた。

帰りの道中、
車の中で霊感のある女友達の方が

「大変!ついてきてる!外に浮遊してる」

と言い出した。

するとそいつが何をトチ狂ったか窓を開けて、

「オラッ!『うらめしや』はどうした。ああん!」

と言った。

女友達は

「あ、消えた・・・」

と言って、
それっきり霊感ある2人が何かを言う事は無かった。

後日談があり、
女友達のほうが女幽霊の夢を見たらしい。

(´;ω;`)状態の女性が出てきて、

「あの人をなんとかしてください。
『うらめしや』などと言って現れる幽霊はいません。
昔話の見すぎですぅ・・・・」

と、切実な叫びを訴え消えたそうだ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2754-45bad421