【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】用水路の橋

【じわ怖】用水路の橋

スポンサーリンク



子供の頃、
家族で田舎に行った時の話。

兄貴と近所に買い物行った帰り道、
用水路の橋を渡ろうとしたら、
どこからか声が聞こえてきたのよ。

なんて言ってるのか分からないけど、
助けを呼んでるようなそんな声。

ヘタレな兄貴に押し出されて
橋の欄干から水面を覗いたんだけど、
何もいない。

その代わり声はもっとはっきり聞こえてきた。

「お兄ちゃん、下になんかいるよ」

兄貴の元に駆け寄って再び欄干の方を振り向いたとき、
下側から真っ白い手(みたいなの。正直あれが何だったか今でもわからん)がにゅっと現れた。

二人して大声あげて泣きながら実家まで駆け戻った。

ちなみに途中から兄貴は
俺のことを完全に忘却して独走してた。

ようやく落ち着いて、祖母の話を聞くにはな、
数年前に件の用水路で遊んでるうちに行方不明になったガキンチョがいたそうで、
その子の亡霊じゃないかって。

聞きながらがくがく震えてたよ、俺。

んでもって、それから30分後、
従姉妹の所で遊んでた姉がプンプンしながら帰ってきた。

「あのねぇ、さっきそこの橋のところで溺れてる子がいたから助けてあげたのに、
振り向いたらいないんだよぉ!
ありがとうも言わないでさぁ!」

その日を境に、
俺の中の姉と兄評価は一変したのは言うまでも無い。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2747-ea49c82f