【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】救助

【じわ怖】救助

スポンサーリンク



8月くらいの話です。

当時浪人生で、
その日も自習室からの帰りでした。

その頃は勉強がうまく進まなくて、
ものっすごいネガティブになっていた。

本格的に志望校変更するべきかどうかとか、
とにかく落ち着いて考えたくて回り道をした。

いつもの道より何本か奥の、
工場沿いの少し薄暗い道を歩いていた。

歩けば歩く程に憂鬱になって絶望的な気持ちになっていった。

だめくさい死にたい…とか思って
たぶん涙目になっていたその時、

「いたいいい……いたぁ…い…」

という声が前方から聞こえた。

ずっと俯いて歩いていたけど驚いて顔あげたら、
数m先の街灯の下に人がうずくまっていた。

「ええっ!!?」

と叫んでしまい、
気づいた相手が顔を上げた。

顔の左側が血まみれの女の人だった。

「痛いぃ痛いいいい」

とこっちに向かって呻いた。

「どどどうしたん¥#£%※」

もう何言ってんだかわからなかったと思う。

足がもつれながら急いで駆け寄った。

痛い痛いと狂ったように女が叫んで頭をふった。

血がピュンピュン飛んで来た。

「待って待って待って!!!」

と言って女の頭を両手で止めた。

血の割にそんなに深い傷じゃなさそうだった。

頭が動かせない女は
唸りながら左肩を掴んで来た。

「わかった待って待って!!寝て!!」

女を地面に押し倒す様に寝かせて、
腹部を見ると白いシャツが血まみれ。

うばぁあああぎぁあああと叫ぶ女の顔面を右手で押さえて、
左手でシャツをまくると
左下腹部に刺し傷みたいな真っ赤な血の沼があった。

羽織っていたカーデを腹に巻いて止血をした

もうさ…わかるよね。

おばけとかじゃなくて、
マジな怪我人だと思ってたんだ(´・ω・)

腹を止血した後に救急車呼んでさ、
待ってる間には女の人はもうおとなしく横たわってた。

「大丈夫だからね!すぐ来るよ!」

とか声かけてたら、
救急車がようやく来た。

立ち上がって救急車に手を降っていたら、

「あなた…マジメすぎね」

って後ろから女の人の声が聞こえた。

振り向いたら、
巻いてやったカーデごと消えていた。

救急隊の人には女の特徴を言われた。

この道では時々こうゆう通報があるらしい。

彼等も今までは信じ難いって感じだったらしいけど、
私の顔に飛び散った血を見て認めたみたいだった。

超余談だけど、
志望校は変えなかった。

この女の人との出来事で、
やっぱり医者になろうと思い直せたから少し感謝。

こんな私も今では医学生ですお。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2735-b082fdcc