【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】金木犀の季節

【じわ怖】金木犀の季節

スポンサーリンク



両親を事故で亡くした俺には、
9歳離れた姉貴がいた。

ガキの頃、
肥満気味で両親がいなくて苛められてた俺を、
いつも助けてくれた。

優しくて、強くて、
俺の自慢の姉貴だった。

秋になると金木犀の花を部屋に飾った。

「お姉ちゃんが一番好きな花なんだよ」

と笑って。

高校にも行かず、
朝から夜まで働いて俺を養ってくれた。

そんな姉貴が、死んだ。

事故だった。

結婚が決まって、
やっと幸せになれる日を目の前にして、
姉貴は逝った。

享年27歳。

俺は兄貴になるはずだった人に後見人を務めてもらい、
小さなアパートに部屋を借りて就職をした。

5年経って、
俺は職場で出会った彼女と結婚を決めた。

結婚式の前日、
姉貴が夢に出てきた。

姉貴は俺に

「ごめんなさい」

と謝った。

「大学まで行かせてあげたかった」

と。

俺は高校出たら働いて姉貴に楽させてやりたかったよ。

姉貴は

「私の分まで幸せになりなさいね」

と泣きながら笑って言った。

姉貴の結婚式の日に、
今まで有り難うって言って渡すはずだった金木犀の苗木は、
俺の家の庭に植えた。

今年も金木犀の季節がやってくる。

俺はきっとまた、
姉貴がいた頃を思い出して泣く。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2692-f2529a0b