【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】そばにいる

【じわ怖】そばにいる

スポンサーリンク



私の母がまだ独身だった
25年くらい前の話らしいです。

交差点を渡ろうとした時、
前に10歳くらいの女の子が歩いていて、
その子が母の目の前で、
左折しようとしたトラックの後輪に巻き込まれてしまった。

当然その場はパニック。

女の子はその場にいた男性にトラックの下から引き出されたが、
・・・もう・・惨いとしか言えない状態だったそうだ。

そして残酷な事に、
その少女はその惨い状態でまだ生きていて、
虚ろな目で

「痛い・・痛いよう・・・」

と呟いていて、
聞いているほうは堪らなかったらしい

母はあまりの事に、
その場から逃げる事も目を背ける事も出来ず、
最前列で呆然とその情景を見ていたが、
ふとその女の子が母に視線を合わせると、

「・・お母さん・・怖いよう・・・」

その時、母は何かに押されるように、
女の子が横たわっている側に行って、
手を握りながら

「大丈夫よ、お母さんがずーっと一緒にいるからね」

と我知らず言うと、
女の子は嬉しそうに頷いた。

結局、その女の子は救急車が来る前に、
母に手を握られたまま息を引き取ってしまった。

母は少しも怖いとか気持ち悪いとか考えられなくて、
本当にその子の最後を1人ぼっちで迎えさせたくない!
という気持ちだった。

しかし、全ての処理が終わって家に戻ってから、
普通ではない自分のやった事や、事故のショックで、
何日も寝られない食べ物も口に入らない日が続いていた。

でもある日、
用事があって家の玄関から外に出たら、
少し離れたところにあの女の子と、
その横に別の知らない大人の女性が並んで立っていた。

二人は母を見るとニッコリ笑ってお辞儀をしたかと思うと、
もう消えていたんだって。

一瞬だったし幻かもしれないけど、
母はそれを見て、

「あの子はあの世で1人じゃないし、成仏してくれたんんだ」

と感じて、
それから急に心身の体調が回復していった。

挨拶に見えられた女の子のご両親に、
その横にいた女の人の話をした。

心当たりはないようだったが、
悲しい中にも何だかホッとされていたとか。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2690-bfe09814