【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】手術することになった女友達

【じわ怖】手術することになった女友達

スポンサーリンク



今から約10年位前の話。

当時、オレには仲が良い女の友達が居たんだ。

今だから言えるけど、
やっぱかわいかったよ。

モテてたしね。

なんか気が合うらしくて、
良く一緒に遊んだりしたよ。

自分の気持ちを隠しながら・・・

そんなある日、
ソイツが手術する為に遠くに行く事になったんだ。

詳しくは教えてくれなかったが、
先天性の持病を持ってたらしい。

でも、ソイツはオレには
弱いトコロをなぜか見せないようにしてたなあ、
なんでだろ?

オレもそういうのを知っていながら、
優しい言葉を何1つかけれなかったんだよ・・・

手術するって知った日、
オレは励ますところか
逆にふざけてソイツに言ったんだよ。

「もし、手術中に幽体離脱でもしたらオレの所にでも来なよ。
首筋でもなぞってくれればオマエだってわかるからさ」

そしたらソイツ、

「絶対行くから」

と答えたんだよ。

オレはできるわけないって笑ってたら、
スゴイ真剣な顔でオレを見つめていたのを覚えてる。

手術する日を教えてもらって数日後、
ソイツは療養先に行っちゃったよ。

見送りすらできないチキンなオレだった。

そして、ソイツの手術当日の夜、
不安でしばらく寝れなかった。

もし居なくなったら・・・?とか、
考える事は縁起悪いことばかり・・・

でも人間ってやっぱり寝ちゃうもんなんだな・・・
いつの間にか寝てました。

うつ伏せで寝てて、
時間の経過は良くわかんないけど、
何か棒みたいな物がオレの首筋を触るんだ。

触られる度に
「ザワザワ」って鳥肌が立つ感じがしてさ。

結構金縛りとかかかるんだけど、
その時は押さえつけられる感覚はなかった気がする。

それに、金縛り特有の『怖さ』がなかった。

オレはうつ伏せから仰向けに寝返ってみると、
黒いワンピースを着たソイツが目の前で宙に浮かんでたんだよ。

不思議に怖くはなかった。

あ、夢かな?と考える余裕すらあった。

ソイツ、すごい哀しい顔でオレの事を見てた。

その時、
今まで押し殺してたモノや耐えてきたモノが
一瞬のうちに壊れてしまった気がして、
思わず左腕を伸ばして
宙に浮くソイツの首根っこを掴み、
自分の肩に引き寄せた。

そして、

「早く帰って来いよ」

って言ってキスをしたんだよ。

自分でも信じられない程の行動力&度胸だった気がする・・・

ソイツ笑顔で頷き、
そこで目が覚めた。

「なんだ・・・夢か・・・」

なんか不思議な夢だなぁと思った。

その時迄は本当に夢だと思った。

そして、しばらく経ってから、
友達から

『ソイツの手術は成功して、
もうすぐ退院してこっちに帰ってくる』

と連絡があった。

もしかしたら、
1番にオレに知らせてくれるんじゃ?と期待してたが、
やっぱ、あれは夢だったんだなぁと
ガッカリした覚えがある。

もうしばらくして、
ソイツが退院してこっちに帰ってきた。

驚いた事に、
ソイツは帰ってきて
最初に電話したのはオレだった。

「退院おめでとう」

など、
素っ気ない事ばかり言ってるオレ・・・

話を盛り上げようとして、

「オマエが手術した日にオレさぁ、
オマエが出てくる夢見ちゃったよ」

とふざけて言ってたら、
ソイツが、

『ちゃんと行ったよ。私覚えてるもん』

と平然に答えた。

それどころか、
その日オレの寝てた時の服装や自分の格好など、
すべて完璧に言い当てた。

そして、

『ちょっと見て欲しいものがあるんだけど、
今すぐ来てくれない?』。

大体予想はついていた。

急いでソイツの家にバイクで向かった。

オレのバイクの音を聞いて
ソイツが家から出てきた。

「復活!!」

とはしゃぐソイツを見て、
いつも通り気持ちを押し殺してる自分がが情けなかった。

「見て欲しいモノがあるんだ・・・」

ソイツはおもむろに髪をかき上げて、
右の首筋から後ろにかけての所をオレに見せた。

そこには青あざって程ではないが、
4本の横線状のあざが上から順に並んでいた。

「手を・・・合わせてみて」

「わかった・・・」

オレはソイツを向かい合わせて、
夢と同じように左手を差し出し、
左手の指をあざに合わせてみた・・・

ピッタリだった。

指の長さも太さもまったくっていいほど同じだった。

「本当だったんだ・・・あの夢」

絶句してるオレにソイツは、

「このあざなんで出来たか先生もわかんないってさ。
でも私ね、手術終わった後に1回危ない時があったんだっって。
でもその時、何故かすぐに落ち着いたんだって・・・
もしかしたらその時に会ってたかもね?
このあざ、しばらく消えて欲しくないよ」

ソイツ表情は、
夢の時に見たあの哀しい表情と同じだった。

あれから10年経った今、
オレは結局ソイツに告白できずに終わった。

そしてソイツも周りに居たヤツラも、
それぞれ疎遠になったり音信不通になっていった。

でも、今でも考える時があるんだよ。

あれはなんだったんだろう?って。

そして、その時の気持ちや
ソイツの笑顔とかを鮮明に思い出すんだ。

オレは今、
人生を共に歩んでくれる大切な人が出来ました。

だからもう、
思い出さないようにするだろう。

だから最後に書き込んでみたかった。

長文&メチャクチャな文章ごめんなさい。

ソイツに「ありがとう」。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2665-e8d06503