【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】営業カバンを盗られた

【じわ怖】営業カバンを盗られた

スポンサーリンク



2月末頃、
仕事中に車上荒らしにあって
営業カバンを盗られた。

鞄の中に金目の物は無かったんだけど、
会社の重要書類と領収証が入ってたんだ。

自分の仕事はいわゆる『顧客情報』の扱いに非常に神経質なところで、
書類の紛失が公になれば理由を問わず俺がクビになるどころか、
代理店契約解除→会社あぼーんの可能性大…

書類の件は伏せたまま車上荒らしにあった事だけを会社に報告。
(会社の車なのでこっそり直せなかった)

営業に出るフリして現場近くを探して見ても、
鞄が見つかるはずもなく、
マジ自殺の考えが頭をよぎっていた。

途方に暮れたまま家に帰ると、
何も知らない嫁と子供が笑顔で出迎えてくれる。

ふと、まだ雛人形を飾っていなかったのを思い出した。

もう12時近いし、
普段なら明日にしようと思いそうな物だが、
この日に限って妙な使命感に囚われ、
天袋から一式を取り出し飾り付けをした。

飾っているうちに、
何故か『お雛様が助けてくれる』と感じはじめた。

そこで、飾り終わったお雛様に必死で
『書類が出てきますように』とお願いした。

今思うと稚拙な考えだけど、
その時はもう必死だった。

それから毎晩お雛様の前で正座し、
とにかく祈っていた。

どちらにせよ寝られなかったので、
夜中の2時から3時頃に真っ暗な中、
お雛様の前にいた。

『何か欲しいものがあれば言ってください、
可能な限り用意します』

毎晩そんな感じの祈りが5日程続いたある日、
家に帰ってくるとお雛様の前に団子が供えてある。

嫁が言うには、

「娘が朝から
『お雛様がおだんご食べたいんだって~』
とずっと言ってるので買ってきた」

との事。

その夜お雛様の前に行くと、
お雛さまが微かに笑っているように見えた。

翌日の夕方、
警察から連絡があり、
それらしい物が見つかったとの事。

慌てて交番まで行き確認すると、
正に盗られた鞄!中身も全て無事でした。

帰って、お雛様に厚く御礼申し上げました。

このお雛様、別に古いものではなく、
2年前に娘の初節句にあわせ購入した物です。(高くもない)

我が家の家宝に認定します。


うちお雛様は三段飾りで、下から、

1段目牛車・タンスその他
2段目3人官女
3段目お内裏様、お雛様

なので、
総出で探して頂けたのかと思います。

紛失した日から2・3日は
本気で自殺が頭をよぎっていたので、
お雛様には感謝の言葉もこざいません。

娘(2歳10ヵ月)にも感謝ですね。

団子は娘に食べさせました。

ちなみに、見つかったのは
盗難現場近くの大型電気店駐車場だったんですが、
そこは自分が何度も探した場所だったんですよ。

何故1週間も経ってからそんな場所で見つかるのか、
警察も首をかしげてました。

車上荒らしの手口も、
キーシリンダーを取り外して車内を物色後、
シリンダーを元に戻す(といっても押し込むだけ)といったもので、
通常の窓ガラスを割るといったものに比べ手が込んでいる分、
発見もされないだろうと言うのが、
届出時の警察の予想でしたから・・・


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2663-e4fda65e