【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】店の常連さん

【じわ怖】店の常連さん

スポンサーリンク



俺が昔、まだ神戸で
雇われのバーテンダーだった頃の話。

その店は10階建てのビルの地下にあったんだ。

で、地下にはうちの店しかないんだけど、
階段の途中にセンサーが付いてて、
人が階段を通るとカウンターの中のフラッシュが光って、
お客さんが来たのがわかる仕組みになってたんだ。

でもたまに、
フラッシュが光っても誰も入ってこない、
外を見ても誰も居ないって事があって、
俺は寂しがりやの幽霊でも来たのかなって、
半分冗談みたいに
ウイスキーをワンショットカウンターの隅の席に置いて、

「ごゆっくりどうぞ~」

と言ったんだ。

それからは、
それがおまじないというか、
げんかつぎみたいになって、
そうゆうことがあると、
いつもそれをしてたんだ。

そのうちお客さんも

「おっ今日も来てるねー」

みたいな感じになって、
(そうゆう日に限って店は凄く忙しくなった)
姿は見えないけど、
その頃は店の常連さんみたいに思ってたんだ。

で、ある冬の朝方またフラッシュが光ったんで、
こんな遅くにお客さんかぁと思って外を見ても誰も居ない。

なんかそのまま朝の空気が心地よいので、
階段の上まで昇って一服してたら、
突然の大地震。

そう、阪神大震災です。

うちのビルは地下と一階部分がぺっちゃんこ。

あのまま中に居たら確実に死んでました。

あとから考えると、
いつもただで飲ましてあげているあの見えない常連さんが、
助けてくれたのかなぁと思います。

今も違う場所で自分でお店をやってますが、
その店のスイングドアが風も無いのに
ギギィーって揺れたりすると、
今でもウイスキーをワンショットカウンターの隅に置いてます。

そして心の中で、

『いらっしゃい。あの時はありがとうございました』

と思うようにしています。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2657-2c49fb7d