【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】荒れていた妹

【じわ怖】荒れていた妹

スポンサーリンク



死んだ母方のおじいちゃんの話。

私の妹、
一時荒れてた頃があって、
母と毎日ぶつかってて…

私は独り暮らしをしていて、
この話は後で聞かされたんですが…

精神的にボロボロだった母が、
ある日眠る前に、
もう亡くなって随分経つ祖父に

「おじいちゃん、どうしたらいい?助けて…」

と泣きながら眠ったらしくて。

そしたらその夜、
おじいちゃんが夢に出てきたらしいんだ。

いつも着ていたスーツを着て、
暗闇の向こうからゆっくり現れて、

「○○(私の妹)はしょうがない子だ、連れて行こうか?」

と聞いて来たらしい。

母は

「あんな子でも私の子だから…
気持ちだけもらっとくね、ありがとう」

と答えたら、

「そうか」

と寂しそうに、
また暗闇に消えて行ったそうです。

次の朝、起きて来た妹が、

「夕べ生まれて初めて『金縛り』にあった。
暗闇に引っ張って行かれそうになって息も出来ずに…怖かった」

と言ったそうです。

いまだに母は

「あの時冗談でも『連れてって』と言ってたら…
と思うとゾッとする」

と言ってます。

妹と母はそれがキッカケで仲良く暮らすようになりました。

おじいちゃん、ありがとう…かな。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2643-8837da7c