【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】二人の女の子

【じわ怖】二人の女の子

スポンサーリンク



私の母は私を産む前に2回流産しており、
3度目(私)も何度か駄目になりかけていたそうです。

妊娠4ヶ月頃の時も、
やはり体調を崩して流産しかけたらしいのですが、
その時、庭で二人の女の子が遊んでいる声を聞いたそうです。

その当時の我が家の立地条件から、
近所の子が庭で遊ぶなんて事は考えられないということで、
看病しに来ていた叔母に見に行ってもらったそうです。

そしたらその女の子達が、

「妹が心配なの」

とただ言っていたそうです。

叔母が母にこの話をしたとき、
もしやと思ったそうです。

産めないまま水子にしてしまった子達ではないか、と。

その晩、母はこんな夢をみたそうです。

目元がよく似た二人の女の子が、
光る玉らしきものを抱えていて、

「自分達は生まれてもすぐ死んじゃう運命だったから、
次の子に全部任せる事にしたんだけど、
今のままじゃまた生まれてもすぐ死んじゃうから、
これを渡したかった」

と言ったそうです。

そして、
ぼうっと立ちつくす母に向かって
その玉を渡したそうです。

その数ヶ月後に、
母は未熟児でしたが無事女児を産みました。

これが私なんですが。

乳幼児の頃はかなり病弱だったそうなのですが、
2歳の時に病院でずっと

「お姉ちゃんがいる」

と言っていたそうです。
(記憶はありませんが)

今19歳ですが、
無事健康優良児で生きています。

きっと、姉二人が守っていてくれるんだなぁ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2617-3fa376f5