【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】難病にかかって入院した

【じわ怖】難病にかかって入院した

スポンサーリンク



自分の話で何だけど、
今年の夏に難病にかかってしまい、
3ヶ月程入院しました。

入院する数ヶ月前から凄く具合が悪くて、
ほとんど食事も摂れない状態で。

検査漬けの結果、
とある難病と診断され。

もう2度と治らないと宣告され、
酷く絶望的な気持ちになりました。

体は勿論だけど、
精神的にかなりきつくて。

治療の副作用で3日3晩、
40度を超える高熱を3回出しました。

自分でも「もうだめかな?」と覚悟した時、
祖母が迎えに来てくれました。

祖母は

「可哀想に、こんなに苦しい思いをして。
ばあちゃんと一緒に行こう」

と、私を抱き抱えてどこかに行きました。

その後意識が途切れて、
私の意識は高い窓のような所から、
座敷と思われる風景を見ていました。

映画の犬神家に出てきたような古い座敷で、
2~30人程の老人が会議のような物?を開いているようでした。

一番末席に私の肉体?を抱いた祖母が座って居て、
「可哀想だ」と大泣きして上座の方に訴えていました。

祖母の隣には腕を組んで目を閉じ、
じっと下を向いた祖父が座っていました。

他の人はよくわかりませんでしたが、
上座に行くほど時代掛かって、
服装から髪型から古くなっているようでした。

祖母は私をここに連れて来たいと皆に訴えましただ、皆ただだ渋い顔をして俯くばかり。

しばらくすると一番上座の方(私には光の塊で顔が見えない)から、

「その子はまだ寿命じゃない!勝手な事するな!」

という声が聞こえました。

その途端、
病院のベッドの上に戻っていました。

それまでの私はウツを患っていた事もあり、
生きることに何の執着もなかったのですが、
私にもあんな風に会議?を開いてくれるご先祖様がいるんだなぁ、
と思ったら何だかとても感動してしまって。

考え方というか、
生死感がガラッと変わりました。

その後医師も驚くような回復をして、
半年位かかるかもと言われた入院も3ヶ月で済み、
ウツまで治ってしまったようです。
(掛かり付けの主治医に言われました)

熱にうかされて夢を見ただけかもしれませんが、
怖いような不思議な体験でした。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2601-f5995ec0