【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】迷子?

【じわ怖】迷子?

スポンサーリンク



高校生の時の話。

塾の帰りのバスを逃がしてしまい、
はじめは次のバスを待っていたけど
寒すぎて歩いて帰ることにした。

住宅街の入り口に
少年野球やサッカー練習のグランドがあって、
夜間でもDQN避けのライトをつけてるんです。
(薄暗いとDQNがたむろする)

だからまわりもよく見えるグラウンドの横を通り抜けようとすると、
幼稚園児くらいの子供がポツンといることに気づきました。

まわりを見渡しても保護者の姿がない。

迷子かな、虐待じゃないだろうな?
と急いで引き返しグラウンドの子供のそばに走ると、
やっぱり他に誰もいない。

「ねえ迷子?おうちは?お母さんは?」

と聞いても、
子供は私をチラっと見上げて無視。

しばらく待っても親は来ません。

凍えそうに寒くて、
仕方なく近くの交番に連れてくことにしました。

交番は家とは逆方向だけどしかたありません。

子供の手をひくとおとなしくついてきました。

「名前なに?お家わかる?」

と話しかけても、
そっぽをむいて「ママ、ママ」と言うだけ。

交番まで安心させようと話しかけても
アニソン歌っても「ママ、ママ」と言い続けて聞いてない。

交番に着いて事情を話し、
警官は私の住所指名などこれに書くように、
生徒手帳もコピーするから出しなさい、
もう遅いから家に連絡します迎えに来てもらいなさい、
知ってる子か?まわりに大人はいたか?
時間もかけどういう状況だったかとか色々面倒くさい。

年配の警官が熱いコーヒーをだしてくれました。

子供を見ると、
子供に話しかける年配のおまわりさんを無視して、
私を指差し「おまえ、おまえ、おまえ」と言い続けていました。

母が兄と車で迎えに来て、
やっと帰れました。

家について中に入ろうとしたとき、
兄が「うお!」と声をあげ、
見ると家の前の電柱にさっきの子供がいました。

電柱にのぼっていてこっちを見ていて、
まるでお猿だwと笑ってしまい、
兄が

「おまえついてきたの?」

と子供に近寄ろうとしたとき、
母が私と兄を捕まえ、凄い力で家の中にひきずりました。

「おまえたちは!おかしいのが分からないの!」

と母に怒鳴られた。

母が玄関ドアに立ち塞がったまま、
さっきの交番と父に電話して、
警官はすぐ来てくれたのに、
母がなかなかドアを開けなくて大変でした。

翌日、婆ちゃんに

「おまえ宝くじを買っておいで」

と言われ、
人生初の3千万当選しました。

親に取り上げられましたけど、
新しい自転車買ってもらいました。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2594-d41b4f41