【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】山のほこら

【じわ怖】山のほこら

スポンサーリンク



数年前家族でドライブに行った山での出来事。

車を降りて、
ダンナと子供たちはパーっと走って遊びに行って
私一人残された。

そこには岩で作られたほこらがあって、
40前後くらいの男性とその母親らしき人が拝みに来てて、
お供え物や簡単なお飾りをしていた。

母親らしきおばさんが御祈祷を唱え始めると、
ほどなくして口調が変わった。

後ろで何をするでもなくそれを見ていた私には、
何なのか最初はわからなかったが、
どうやらそこの神様がおばさんに乗り移ったらしく・・・。

「おうっ、酒をついでくれんか。うまいっ。よう来たのう。
いつまでも鼻水たらしとらんとしっかり嫁と子供を大事にせいよ。
もう一杯酒をくれんか。ええ酒じゃ」

云々とひとしきりしゃべった後、
帰って行ったのか元のおばさんの口調に戻り、
二人は淡々とお飾りを片付けながら、

「酒の好きな神さんじゃったな」

などと話し、
何事も無かったかのように去って行った。

権現さんを祀ったほこらだった。

あんなの初めて見たから驚いた。

おっさんに対して
「鼻水たらして」とインパクト大だった。

あれはおばさんの単なる演技だったのかどうなのか、
今もってナゾだ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2566-0f619488