【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】レンガ貼りの商店街

【じわ怖】レンガ貼りの商店街

スポンサーリンク



夕方、夕焼けが綺麗な時間帯の商店街を歩いてたんだ。

レンガ貼の通路が夕日に映えてキレイだニャ~なんて、
たらたら歩いていたら、
前方20メーターぐらい?かな、
琥珀色で半透明のヘンなもんが横切った。

男の脚だった。

チノパンで黒いベルトをして靴も履いていて、
むっちりと脚の質感はあるものの、
上半身が全く無い。

スタスタ歩いてる脚も、
向こう側が透けて見えている。

で、そのまま行ってしまったんだけど…。

ほーーーあれが幽霊というものか。と。

なんだかあっけない。

噂によく聞く寒気とか金縛りなどもなく、
すーっと行っちまいやがりました。

思うところ、
誰かの記憶の残像のようなものが残っていたんでしょうか?

今生きてるのか死んでるのか知らんけど。

余談

そのレンガ貼りの商店街で以前、
60過ぎくらいのおばはんがオイオイ泣いてるんだ。

「どうしましたか」

と声をかけたら、

「痛いんですー痛いんですー」

と泣くばかり。

他にも学生風の子と50くらいのおばちゃんが来て、

「大丈夫ですか、転んだんですか?」

と問うのだが、

「痛いんですー痛いんですー」

しか言わない。

「救急車、呼びましょうか?」

と聞いても、

「痛いんですー痛いんですー」

なので、

「救急車呼びますよー」

と、携帯で救急車を呼んだ。

待つ間もひたすら

「痛いー痛いー」

と泣き続けていたその人は、
救急車が到着した瞬間、
ピタッと泣き止み、

「ええっ、なんですか?困りますー!」

と、スクッと立ち上がり、
オリンピック選手のごとく
立派なフォームの猛ダッシュで逃げて行った。

後に残ったわたしら三人、
救急車の人に謝る謝る。

更年期障害の情緒不安定ってああいうやつなのかなぁ。なんて。

幽霊よりこっちのが怖い気がした。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2551-0195e33d