【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】3つくらいの女の子

【じわ怖】3つくらいの女の子

スポンサーリンク



それはまだ私が小学5年か6年のとき。

ある夢を見た。

道を歩いていると、

かわいらしい3つくらいの女の子が
ひとりで歩いてくる。

黄色いレインコートに、
黄色い帽子、黄色い長靴をはいていた。

可愛いなぁと思っていると、
突然どこからか二人組の男たちが現れて、
女の子をさらおうとした。

私は咄嗟に男たちに立ち向かい、
女の子を助けたのだ。

女の子は

「ありがとう。いつかまたきっと会おうね」

と言った。

ここまでが夢の話。

それから時は流れ、
結婚して娘が生まれた。

娘が3つのときお婆ちゃんが娘に、
黄色いレインコートと黄色い長靴、
黄色い帽子を買ってきてくれた。

それを着た娘は嬉しそうに私に見せに。

あ!あのときの女の子!!
と思って呆然としていると、
娘がぽつりと

「ねっ。また会えたね」

と。

その後聞いても、
娘はその言葉を言った記憶はないと言うけれど。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2523-455b1e62