【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】入院中の祖母

【じわ怖】入院中の祖母

スポンサーリンク



祖母が94際の時、
かかりつけの医者の誤診で大手術を余儀なくされ、
別の病院へ運ばれた時のこと。

父も担当医から、
高齢を理由に覚悟をするように言われた。

手術は成功したけど、
祖母は2週間ほど意識がなく、
もうこのまま目が覚めないのでは・・と、
身内が泊まりこんでいた。

そんな頃、
いつものお坊さんが、
祖父の月命日でお経をあげる為に家に来るなり、

「門の所に行者様がいらっしゃいませんが、
何かありましたか?」

と。

母が祖母の手術の事を伝えると、

「ああ、なるほど。
今、行者様はお婆様について行かれてますね。
退院して行者様が帰って来られたら、
表門ではなく裏に、蛇に姿を変えて戻られますので、
お酒・玉子・塩を、毎月○日に供えて下さいね」

と言った。

数日後、目が覚めた祖母に、

いきなり「誰がお経を詠んでるの?」

と深夜病室で言われた私は、
チビリそうになり、

「こんな夜中に誰も詠まないよ」

と答えると、

「そんなはずはないよ。
聞いた事もないぐらい優しい声で、
誰かが詠んでる」

と言って眠りに落ちた。

しばらくして担当医が、
一回も痛みを訴えない祖母に

「どこも痛くないんですか?」

と聞くと、

「痛みを感じそうになると、
すうっと眠くなって、私は竹やぶの中にいるの。
竹やぶの奥座敷から、いい香りのお線香の香りがして、
子供の頃に歌った童話や軍歌、いつもご先祖様にあげてるお経が、
なんとも言えない優しい声で聞こえてくる。
それに聞きほれていただけで、
痛みを感じた事は一回もないよ」

と言って、
一ヶ月後ありえない回復力で退院した。

祖母は先祖供養も欠かさない人だったよ。

この夏に、
ご先祖様のところへ眠るようにいっちゃたけどね。

98歳でした。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2515-d3e8802d