【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】守護霊

【じわ怖】守護霊

スポンサーリンク



あまりにも私の周りで不運が続いていた。

記憶にあるうちでは、
飼っていた犬が車にはねられて死んだのが最初。

姉が会社をクビになる。

兄が離婚する。

父が倒れる。

祖父が死ぬ。

私も車にひかれて入院。

些細なことを挙げればきりがない。

いくらなんでもツイてなさすぎる。

見舞いに来てくれた大学の友人が、
私を見るなり

「憑かれてるね~」

と一言。

その友人は霊感があるらしく、
私のすぐ隣りにドス黒いのが見えるという。

「でもね」

友人が続ける。

「あんた守られてるよ。
あんたに憑いてるのと、
あんたの守護霊が闘ってる。
その守護霊いなかったら、
とっくに死んでるよ」

守護霊と聞いたとき、
母のことだと思った。

私が小学5年生のときに病死してしまった母。

もうおぼろげな記憶しかないが、
優しかった母。

死んでも私を守ってくれてるんだ。

退院した後、
本当に久しぶりに母の墓参りに行った。

最後に墓参りに来たのは
三年以上前だったか。

墓に線香を立てて、
お母さん、守ってくれてありがとう。

どうか、私たちのことを守ってください。

それから、私の周りで
不運なことが起こらなくなった。

見舞いに来てくれた大学の友人に会うと、

「お~、守護霊さんがやっつけたみたいだね」

「ホント!?…お母さん、ありがとう」

そう言ったとたん、
その友人がギョッとした。

「…あんた、見えてたの?」

「見えないけど、
守護霊って私のお母さんでしょ」

友人は少し黙っていたが、
私に本当のことを教えてくれた。

「あんたに憑いてたのは、あんたの母親だよ。
そして、守護霊は犬だね」

誰も仏壇の前で手をあわせず、
誰も墓参りに来なくて、
なりたくもない悪霊になってしまった母。

それから私は毎日線香をあげ、
月に一度必ず墓参りに行っている。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2429-75e92df1