【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】金魚

【じわ怖】金魚

スポンサーリンク



当時まだ1才だった娘を連れて
夏祭りに行った時の話です。

屋台を見ていると金魚すくいがありました。

娘にも何か生き物に触れて欲しいと思い、
何回か失敗しながら1匹の金魚を取って帰ったのです。

金魚鉢に入れて部屋に置くと、
娘は珍しいのか近寄っていって中を眺めています。

まだ言葉を話せないのに金魚と合わせて口をパクパクさせて、
まるで会話している様でした。

かわいいなと思っていた途端、
何故か娘が火がついたように泣き出したのです。

赤ん坊ですからよくあることなんですが、
いくらあやしてもなかなか泣き止まず、
理由もわかりません。

その日から娘は、
絶対に金魚に近づかなくなりました。

無理に近くに連れて行っても、
泣き出して離れてしまうのです。

特に気にも留めていなかったのですが、ある午後、
娘の昼寝中に部屋で一人ぼーっとしていた時、
ふと金魚と娘のことが気にとまりました。

この金魚、何か変なところでもあるのかしら?

そう思って、金魚鉢を覗き込んだんですが、
金魚はただ口をパクパクさせるだけ。

かわいいものだと見つめていたその時、
何気なく部屋の電気で反射して金魚鉢に映ったものを見て、
私は全身の毛が総毛だつのがわかりました。

そこには私の顔と部屋の景色と、
それから、私の右肩から覗く知らない男の人の顔が映っていたのです。

そして何より驚いたのは、
鉢の中の金魚のパクパクという口の動きと、
その男の人の口の動きがまったく同じだったこと。

あの金魚は一体なんだったのか。

金魚鉢に映った男の人は誰だったのか。

近くの川に金魚を放してからもう5年たちますが、
未だに金魚を見るとあの男性の顔を思い出します。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2422-9deebd38