【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】終電にて

【じわ怖】終電にて

スポンサーリンク



去年の忘年会シーズンのときです。

その日は私の会社の忘年会で、
終電に乗った時でした。

帰宅ラッシュとは逆方向だったんで、
車内はガラガラ。

しばらくしたら、
車両に私とくたびれたサラリーマンの二人だけになった。

そのサラリーマンは、
私から一番離れた両端のシートに座って居眠りしていた。

相当疲れてるか、
酔っ払ってたんだろう。

私もちょっと眠かったから目を閉じた。

5~6秒経ってふと目を開けると、
サラリーマンがシート一列分だけ私のほうに移動してるように思えた。

特に気になることもなかったので、
私はまた目を閉じた。

数秒後、なにか嫌な感じがして、目を開いた。

今度はさらに一列こっちの方へ移動してた。

スリでもやらかしたら
とっ捕まえて駅員に引き渡してやろうと思い、
俺は半目を開けて寝たフリをしてみた。

案の定、サラリーマンは
俺が目を閉じたのを確認して立ち上がった。

こっちへ来るか?と思ったが、
そうじゃなかった。

サラリーマンは、
そのまま車両の真ん中でクルクル回り始めたんだ。

そして、回りながら、

「騙されないぞ~騙されないぞ~狸寝入りなんかに騙されないぞ~」

ってつぶやき始めた。

さすがに怖くなって、
そのまま寝たフリをし続けて、
次の停車駅で逃げるように電車を降りた。

サラリーマンは追っては来なかった。

それ以来、
終電には乗らないようにしてます。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2418-59f2c551