【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】彼氏と住んでた団地

【じわ怖】彼氏と住んでた団地

スポンサーリンク



昔、当時の彼氏と団地に住んだことあるんだけど、
そこ入ったら彼がみるみるおかしくなったことがある。

ある日お風呂場で具合が悪くなり、
それを境に人が変わったようになってしまった。

お酒も飲まないし大人しい人だったのに、
些細なことで急に怒ったり、
泣いたりするようになった。

あまりの急変にとまどっているうちに
言動はますますおかしくなり、
一人で怒っては錯乱し、
たびたび暴れるようになっていった。

病院行くように説得しようと話しかけたんだけど、

「俺じゃない!信じてくれ!」

ってものすごく怒るのでどうしようもなかった。

夢に出てくる女が
自分をおかしくさせると必死に言ってた。

その女は赤い服を着たおばあさんで、
夢の中で

「もっと!金!金!」

って叫ぶんだそうだ。

ある日、彼がまた些細なことで怒り出し、
大暴れしてふすまや壁を蹴破った時、
驚いて破れた箇所を見たら、
中がすべて焼け焦げていた。

総毛立って直感でヤバいと思った。

私は部屋を飛び出して逃げた。

彼には申し訳ないけど、
彼のことも怖かった。

そしてその部屋に戻ることなく彼と別れ、
1ヶ月ぐらい経ってやがて彼もその部屋を出たが、
私名義の部屋だったので片づけを頼まれ、
仕方なく再び部屋を片付けに行った。

怖かったので友人と数人で行ったんだけど、
それはまさに狂人の家だった。

割れたガラス、山積みの食器、散乱した服や物。

一緒に行った友人はみな狭い部屋なのに方角を失って、
出口がわからなくなると言ってパニックになっていた。

中でも一番霊感の強い友人が、

「こんな怖い部屋見たことない」

と言ってたのを思い出す。

別れた彼にはそれから会ってないけど、
あの部屋は今も空き家のままのようだ。

近所の人の話では、
私たちが住む前は長い間空き家だったが、
その前にはお風呂場で男性が亡くなっていたと聞いた。

呪われた場所と言うのは絶対にある、
と私は今も思っている。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2415-39355b67