【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】自宅開業の心理カウンセラーが失踪した

【じわ怖】自宅開業の心理カウンセラーが失踪した

スポンサーリンク



住んでるマンションで怪異連発中なので話を聞いてくれ。

5LDKの家族向けのやや広めのマンションなんだが、
2月に単身で住んでいた中年男性が失踪した。

昼夜を問わず人の出入りがある家で、
彼は「自宅開業の心理カウンセラー」だと説明していた。

実際は、浄霊・除霊・霊媒が生業で、
いわくつきの遺品や人形を引き受けることもあったようだ。

で、問題は彼が消えたあと。

まず、予約したのに彼にすっぽかされた依頼人が、
玄関ポーチ前に人形やら遺品の衣類を置き去りにする。
(オートロックじゃないので玄関先まで誰でも来れる)

14階建てのマンションだが、
全ての階で廊下を走る音や、
群集のざわめく声が聞こえるようになった。

棟集会を開いて、
地元の神主さんにお祓いして貰ったが効果なし。

各戸の内側でも怪異が起きていて、
特に酷い家は立派な仏壇を構えて朝夕のおつとめ(=読経)をしている家。

読経を始めると壁から人のうなり声がして、
襖がガタガタ揺れるそうだ。

奥さんとおばあさんが、

「救いを求めているに違いない」

と頑張ってお経を聞かせているが、
4ヶ月経ってもちっともよくならないという。

我がは同じ棟の下のフロアだが、
日が沈むと沢山の手が窓をコツコツ叩く音がする。

ずーって石つぶてでも浴びてるような感じ。

以前はなかった。

勇気を振り絞って
カーテンを開けても何も見えない。

しばらく経つと、
またコツコツ、コツコツ。

全部の窓とベランダのガラス戸が鳴る。

怖いので家族全員でリビングに寝てます。

大半の住民が同じ部屋で寝ていると聞いた。

背伸びして買った広めのマンションなのに。。

住人がツテを頼って霊能者を頼もうとしても、

「大量の霊は手に負えない」

と断られると言っていた。

消えた霊能者も手に負えなくて逃げたか、
気がふれたのか。。

無責任な行為に怒りを覚えるけど、
死んでるかもしれないから悪く言いたくない。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/2404-9df66325